クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW CE 04(RWD)

夢の電動六輪生活のすゝめ 2022.07.05 試乗記 BMWから新型の電動スクーター「CE 04」が登場。お値段160万円オーバー、航続距離130kmの都市型電動コミューターは、どんな人に所望されているのか? 偶然にも知ることとなったそのオーナー像を、電動車ならではの圧巻の走りとともに報告する。

オーナー像がつかめない……

たとえBMWの看板を背負っているとはいえ、160万円を超える電動バイクを誰が買うのだろう? けなしているわけではなく、純粋に不思議に思っていた。この2022年2月16日にリリースされたBMW CE 04のことである。

CE 04は、搭載されたバッテリーからの給電のみで走るBEVならぬBEM(バッテリー・エレクトリック・モーターサイクル)。“中免”こと普通自動二輪免許で乗れるビーエムだ。60.6Ah(8.9kWh)の容量を持つリチウムイオンバッテリーを載せ、フル充電で130kmの走行が可能とされる。ただし、日本の急速充電器に採用される「CHAdeMO」規格には対応しておらず、出先での充電を期待してのロングツーリングは現実的ではない。

ということは、その行動範囲は単純計算で65km。おそらく実際には8掛けといったところで、そのうえピュア電動バイクのバッテリー残量が少なくなっていくさまは、必要以上にライダーの心を萎縮させる。CE 04を駆って出かけられる範囲は、片道50km程度になろう。

価格は、「ライト・ホワイト」のボディーカラーで161万円。「マジェラン・グレー・メタリック」が163万9000円となる。BMWモトラッドのラインナップ中では安価な部類とはいえ、絶対的にはハードルが高い買い物である。

さて、集合場所に現れた試乗車は、お借りする際に一時的ながらシステムが起動しなくなり、走行可能になってからも警告灯がついたため、念のためBMWのサービスセンターに直行することとなった。ところが、ガレージで診断器をあてても問題は検出されない。チェックしたメカニックの人からは、走行用のバッテリーとは別に備わる補機用のバッテリーが弱っていて、そのためにエンジンスタート……ではなくモーター起動時に給電が不安定になって、不具合と認識されたのではないか、との説明をいただいた。

BMW製電動スクーターの第2弾にあたる「CE 04」。エンジン車とは全く異なるパワートレインの形状と構成を利して、既存のスクーターとは全く異なるデザインを実現している。
BMW製電動スクーターの第2弾にあたる「CE 04」。エンジン車とは全く異なるパワートレインの形状と構成を利して、既存のスクーターとは全く異なるデザインを実現している。拡大
灯火類は、フロントのロービームとハイビーム、リアコンビランプ、ウインカーと、すべてがLEDとなっている。
灯火類は、フロントのロービームとハイビーム、リアコンビランプ、ウインカーと、すべてがLEDとなっている。拡大
車速やパワーフロー、バッテリー残量などを表示する10.25インチのTFT液晶モニター。分割画面表示も可能で、詳細なトリップコンピューターや、接続した音楽メディアの情報なども表示できる。
車速やパワーフロー、バッテリー残量などを表示する10.25インチのTFT液晶モニター。分割画面表示も可能で、詳細なトリップコンピューターや、接続した音楽メディアの情報なども表示できる。拡大
カラーリングは「ライト・ホワイト」と試乗車の「マジェラン・グレー・メタリック」の2種類で、後者の場合、車体の各所にオレンジのアクセントや専用のグラフィックが施される。
カラーリングは「ライト・ホワイト」と試乗車の「マジェラン・グレー・メタリック」の2種類で、後者の場合、車体の各所にオレンジのアクセントや専用のグラフィックが施される。拡大

すでにBMWの電動車を持っている人が多い

「展示車両などで時々生じるのですが……」と前置きしてから語られた“あるある”によると、CE 04はスタートボタンが押されるとセキュリティーの一環として電波を飛ばし、適合するキーを探しに行く。キーを所持したオーナーがそのまま使用するなら問題ないのだが、例えば販売店にディスプレイされた車両のボタンを、訪れたお客さんが押してしまった場合、CE 04はそのつどしばらくキーを探し続けるため、思いのほか電力を使ってしまうのだそうだ。

これはあくまで販売店での特殊なケースだが、放電や待機電流などで補機用バッテリーが消耗するのは、自分の愛車でもあり得ること。CE 04のオーナーも「走行用バッテリーは充電しているから」と油断していると、こんなことが起こるかもしれない。ちなみに、当然ながらCE 04はエンジンが回す発電機たるオルタネーター/ジェネレーターを持たない。バイクが目覚めてしまえば、走行用のバッテリーから適時、補機用のそれに電気が送られる。

せっかくなので、BMW電動バイクの充電事情についても少しうかがった。CE 04は、基本的には比較的簡単な電気工事で設定できる200V(12A以下)電源を使って自宅で充電される。カラの状態からだと約4時間でフルチャージが可能だ(Mode 2)。同じ200Vでも、より大容量(最大32A)の電気を流せる「Mode 3」の充電器なら所要時間を3分の1ほどに短縮できるが、こちらの設置には大がかりかつ高額な専用工事が必要となるので、特殊な例となる。

説明を聞きながら「160万円超の車両価格にプラスして電気工事代もかかるんですねぇ」と月並みな感想を述べると、「すでに『BMW iシリーズ』をお持ちの方が、買われているみたいです」と教えてくれた。

なるほど! 充電器は四輪・二輪で共通だから、BMW製の電気自動車を保有していれば、“ついでに”電動バイクにも使えるわけだ。そのうえバイエルンのBEVは大変高価だから、充電器代くらいクルマの値引きに含めてくれるかもしれない!? そしてCE 04に手を伸ばす人なら、同じBMWのクルマの1台や2台所有していても、おかしくはないだろう。

いまのところリッチピープルがピュア電動モデルを買う理由は、環境問題に敏感という意識の高さをアピールすることと、そのための財力に不足がないことを庶民に知らしめることだから、足を延ばす距離と用途によってエレキの四輪と二輪を使い分けるのは、ちょっとシビれるライフスタイルになろう。BMW CE 04の存在意義はソコにあったのかぁ……。目からウロコの情報でした。

日本で販売される「CE 04」は、充実装備の豪華仕様。シートヒーターやグリップヒーターといった快適装備のほか、「Mode 3」のクイックチャージに対応する充電システム、「ダイナミック」を含む4つのモードを備えたライディングモードセレクター、車体のバンクも検知してトルクを制御するDTCなどが標準で備わっている。
日本で販売される「CE 04」は、充実装備の豪華仕様。シートヒーターやグリップヒーターといった快適装備のほか、「Mode 3」のクイックチャージに対応する充電システム、「ダイナミック」を含む4つのモードを備えたライディングモードセレクター、車体のバンクも検知してトルクを制御するDTCなどが標準で備わっている。拡大
充電口はフロントカウルの内側に設置。満充電までに要する時間は、単相200V 15Aの普通充電で約4時間、単相200V 32Aのクイックチャージで約1時間20分とされている。
充電口はフロントカウルの内側に設置。満充電までに要する時間は、単相200V 15Aの普通充電で約4時間、単相200V 32Aのクイックチャージで約1時間20分とされている。拡大
カウルの内側には、防水性も考慮したグローブボックスを設置。USB-Cジャックが備わっており、携帯端末などを充電できる。
カウルの内側には、防水性も考慮したグローブボックスを設置。USB-Cジャックが備わっており、携帯端末などを充電できる。拡大
フラットなデザインが特徴的な「CE 04」のシート。シート高は800mmだが、胴回りが太い車体形状もあって、数字以上に足つきには気を使う。
フラットなデザインが特徴的な「CE 04」のシート。シート高は800mmだが、胴回りが太い車体形状もあって、数字以上に足つきには気を使う。拡大
タイヤサイズは前が120/70R15、後ろが160/60R15。試乗車には台湾のタイヤメーカー、マキシスのスクーター用高性能タイヤ「スーパーマックスSC」が装着されていた。
タイヤサイズは前が120/70R15、後ろが160/60R15。試乗車には台湾のタイヤメーカー、マキシスのスクーター用高性能タイヤ「スーパーマックスSC」が装着されていた。拡大

メットの中で顔がひきつる

CE 04に先立つこと約5年、2017年に登場した「Cエボリューション」は、電動バイクの特殊性を薄めるためかオーソドックスな(高級)スクーターのスタイルを採っていたが、今回のCE 04は「ショーモデル!?」と思わせる近未来的なデザインが魅力的。ことに真横から眺めるとステキだ。

全長2285mmとボディーは大柄で、1675mmの長いホイールベースが外観を特徴づける。車体の低い位置にバッテリーが置かれるほか、ヘルメットを収納できるラゲッジスペースまで用意される。ギリギリまでバッテリーを積んで航続距離を延ばすアプローチをとらなかったのが、いかにもプレミアム。

サイドスタンドを払ってCE 04を移動しようとして、「オッ!」と思わせる重量感に身構える。空車車重231kg。シート高は800mm。スクエアな形状のシートにまたがると、スクーターにありがちなのだが、シート下のボディー部分が左右に膨らんでいるので、重めの車重と併せやや気を使う足つきだ。それだけに、微速後退用のバックギアならぬバックスイッチが備わるのがありがたい。両側に別のバイクが止まっている、狭いスペースから自車を引き出すのに役立った。

CE 04はその名が示唆するように、エンジン車で言うと400ccクラスの動力性能を持つ。電気モーターは、常時使える定格出力が20PS、最高出力は42PS/4900rpm。62N・mの最大トルクは、停止状態からでもスロットルをひねるやいなや発生する。

この“いきなり大トルク”を生かしたスタートダッシュを得意とするのは、車輪の数を問わず電動モデルの特徴である。CE 04もその例に漏れず、「0-50km/h加速=2.6秒」と誇らしげにスペック表に記載される。試しに全開加速を試みると、CE 04は周囲に高周波音をまき散らしながらライダーの首がもげそうな加速を披露する。ヘルメットの中で、顔、ひきつります。

他のスクーターとの違いが際立つサイドビュー。1675mmという長いホイールベースもあって、直進安定性は優れている。
他のスクーターとの違いが際立つサイドビュー。1675mmという長いホイールベースもあって、直進安定性は優れている。拡大
シート下にはフルフェイスのヘルメットも収まるラゲッジスペースが設けられている。
シート下にはフルフェイスのヘルメットも収まるラゲッジスペースが設けられている。拡大
他のBMW製バイクでもおなじみの、ダイヤル式コントローラーが付いた左スイッチボックス。「★R」と書かれたボタンで、前進/後退を操作する。
他のBMW製バイクでもおなじみの、ダイヤル式コントローラーが付いた左スイッチボックス。「★R」と書かれたボタンで、前進/後退を操作する。拡大
リバースのスイッチを押してスロットルレバーをひねると、「CE 04」はゆっくりと後退。作動に唐突感はなく、速度も極低速なので、安心して操作できる。
リバースのスイッチを押してスロットルレバーをひねると、「CE 04」はゆっくりと後退。作動に唐突感はなく、速度も極低速なので、安心して操作できる。拡大
リアホイールは片持ち式のスイングアームと、ダイレクトリンクのスプリングストラットで支持される。
リアホイールは片持ち式のスイングアームと、ダイレクトリンクのスプリングストラットで支持される。拡大
マフラーがなく、アームやサスペンション、駆動ベルトなどが左側にまとめられているため、右から見るとリアホイールを隠すものは一切ない。これも他のスクーターでは見られない、「CE 04」ならではのデザインだ。
マフラーがなく、アームやサスペンション、駆動ベルトなどが左側にまとめられているため、右から見るとリアホイールを隠すものは一切ない。これも他のスクーターでは見られない、「CE 04」ならではのデザインだ。拡大
単に「電気で走る」というだけではなく、個性的なデザインや各部のクオリティー、高い動力性能なども特徴となっていた「CE 04」。プレミアムブランドであるBMWならではの製品といえるだろう。
単に「電気で走る」というだけではなく、個性的なデザインや各部のクオリティー、高い動力性能なども特徴となっていた「CE 04」。プレミアムブランドであるBMWならではの製品といえるだろう。拡大

細かなところまで手が込んでいる

ライディングモードは「エコ」「レイン」「ロード」「ダイナミック」の4種類。出力特性を変えるだけでなく、回生ブレーキを使って積極的にストッピングパワーもコントロールする。液晶ディスプレイには各モードの特性が、右にパワー、左にチャージとUの字型に表される。おもしろいのは、エコだけでなくダイナミックモードでも回生機能が最大限に働くこと。発電によるストッピングパワーが、「環境」だけでなくキビキビとした「駆けぬける歓(よろこ)び」にも貢献しているわけだ。

駆動系を観察すると、モーターをサスペンションアームと一体化するのではなく、ボディー側に積んでいる。一般的なスクーターよりタイヤの路面追従性はよさそうだ。片持ち式のいわゆるプロアームになっているのも、見た目のスポーティーさを加速する。駆動力の伝達には静粛性に意を払ってか、チェーンではなくベルトが用いられる。値段にたがわぬ、ぜいたくな電動スクーターである。

ロングホイールベースは、細かい路地での取り回しには少々不利だけれど、高速巡航時の高いスタビリティーを担保してくれるはず。BMWのラインナップでは「アーバンモビリティー」に分類されるCE 04だけれど、意外とアーバンハイウェイを活用しての都市間移動でも真価を発揮しそうだ。なろうことなら、ヘルメットの収納スペースをつぶしてバッテリーを増設する「ツーリングオプション」(仮名)があってもいいのでは!? ……などという考えは、スイマセン、貧乏くさかったですね。

(文=青木禎之/写真=郡大二郎/編集=堀田剛資)

BMW CE 04
BMW CE 04拡大
 
BMW CE 04(RWD)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2285×855×1150mm
ホイールベース:1675mm
シート高:800mm
重量:231kg(空車重量)
モーター:永久磁石式同期電動機
最高出力:42PS(31kW)/4900rpm
最大トルク:62N・m(6.3kgf・m)/0-4900rpm
トランスミッション:--
一充電走行距離:130km(WMTCモード)
交流電力量消費率:7.7kWh/100km(WMTCモード)
価格:163万9000円

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。