ホンダアクセスが新型「ホンダ・シビック タイプR」用の純正アクセサリーを公開

2022.07.21 自動車ニュース
新型ホンダ・シビック タイプR(ホンダアクセス用品装着車)
新型ホンダ・シビック タイプR(ホンダアクセス用品装着車)拡大

ホンダ車の純正用品を手がけるホンダアクセスは2022年7月21日、同年9月に発売される新型「ホンダ・シビック タイプR」用のアクセサリーの一部を公開した。

テールゲートスポイラー
テールゲートスポイラー拡大
「インテリアパネル」と「シフトノブ」。
「インテリアパネル」と「シフトノブ」。拡大
サイドステップガーニッシュ
サイドステップガーニッシュ拡大
パターンプロジェクター
パターンプロジェクター拡大

新型シビック タイプRの純正アクセサリーは、「Ultimate SPORT」を標榜(ひょうぼう)する同車にふさわしいものとなるよう機能を追求。特に「テールゲートスポイラー」は、コンプリートカー「モデューロX」シリーズで培った実効空力の技術を生かし、実走テストを繰り返して開発したという。

標準車とは異なり、ウイングとエンドプレートを独立させた独自のデザインを取り入れており、リアのダウンフォースを補うことで後輪の接地感がより得られるよう実効性を追求。スポイラーの下面にも波状の空力デバイスを設けている。

また素材にはドライカーボンを用いており、約1kgの軽量化を実現。カーボン繊維にポリエステルを編み込んだ素材にクリア塗装を施すことで、視覚的にもスポーティーかつ上質なものに仕上げているという。

一方インテリアでも、このカーボン素材を用いた「インテリアパネル」をセンターコンソールとドアパネルに用意。ブラックアルマイトとレッドレザーを組み合わせた「シフトノブ」や、ブラックアルマイト仕上げの「サイドステップガーニッシュ」、乗降時に地面に「TYPE R」のロゴを映し出す「パターンプロジェクター」などもラインナップされるという。

(webCG)

◆関連ニュース:ホンダが新型「シビック タイプR」を世界初公開 2022年9月に発売を予定

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース