クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第777回:果たしてその正体は!? 屋根にぬいぐるみを積んだトラックを捕獲

2022.10.06 マッキナ あらモーダ! 大矢 アキオ

イタリアにもいるんです

日本の路上では、ダッシュボードの上やリアウィンドウの下に、人形やぬいぐるみを並べたクルマを見かける。いっぽうイタリアにおける同様の光景は、日本であまりイメージしにくい。なぜなら、メディアで紹介される車両は、大半がメーカーの公式写真か、試乗車であるからだ。

実は、ぬいぐるみを車両に載せる人、すなわち「ヌイグルマー」(©大矢アキオ)は、イタリアにも存在する。早速実例をご覧いただこう。【写真A】はスーパーマーケットの駐車場で発見した、現行「フィアット・パンダ」のマイルドハイブリッド仕様である。主に犬のぬいぐるみが、リアウィンドウいっぱいに展開されている。

【写真B】は、アヒルのマスコットをダッシュボードに並べた同じフィアットのミニSUV「ドブロ」だ。このコレクション、実は「コントラーダ」と呼ばれる、中世から連綿と続くシエナの自治組織と絡んでいる。撮影したのは市内でも「ガチョウ」と名づけられたコントラーダのエリアだ。アヒルをガチョウになぞらえて収集したものであろう。大半がドライバー側に向いているのは、他人受け以上に、自身の“憩い”を優先していてほほ笑ましい。

筆者が考えるに、第2次大戦後の欧州における車内マスコット文化の発端は、ドイツではないかと考える。当時を知る現地自動車ファンによると、ドイツ語で言うところのヴァッケルダッケル、すなわち【写真C】のようなダックスフントを模した人形が1960年代を中心に流行した。自動車の振動に合わせて首を振る仕掛けだった。多くがリアウィンドウに置かれたのは、後続ドライバーの受けを狙ったものであろう。

このヴァッケルダッケルは、今日でもある種のノスタルジーを伴っているようで、ドイツ系ヒストリックカーの集会というと、必ず1、2体を発見できる。また、近年メルセデス・ベンツの公式グッズカタログにも、往年のヴァッケルダッケルを模した製品が「メルセデス・ドッグ」の名で掲載されている。

運転時の視界を考慮した場合、当然ながらぬいぐるみは、その妨げとなる場合がある。しかしリアビューカメラやバードビューカメラの助けを借りて、バーチャルによる視界確保が進化すれば、ぬいぐるみやマスコットを並べる人がさらに増えるのではないか、と筆者は読んでいる。

「フィアット・バルケッタ」のファンミーティングで。今回はクルマとぬいぐるみにまつわるお話である。
「フィアット・バルケッタ」のファンミーティングで。今回はクルマとぬいぐるみにまつわるお話である。拡大
【写真A】「フィアット・パンダ」のマイルドハイブリッド仕様の後部に並べられた犬のぬいぐるみ。2022年9月撮影。
【写真A】「フィアット・パンダ」のマイルドハイブリッド仕様の後部に並べられた犬のぬいぐるみ。2022年9月撮影。拡大
【写真B】町内会のシンボル「ガチョウ」にかけて、アヒルのマスコットを勢ぞろいさせた「フィアット・ドブロ」。2022年10月撮影。
【写真B】町内会のシンボル「ガチョウ」にかけて、アヒルのマスコットを勢ぞろいさせた「フィアット・ドブロ」。2022年10月撮影。拡大
あるスマートオーナーのお供である、犬のぬいぐるみ。2人乗りだけに存在感が強調される。
あるスマートオーナーのお供である、犬のぬいぐるみ。2人乗りだけに存在感が強調される。拡大
【写真C】かつてドイツの自動車オーナーの間で人気だったダックスフント人形は、近年リバイバルしつつある。
【写真C】かつてドイツの自動車オーナーの間で人気だったダックスフント人形は、近年リバイバルしつつある。拡大

謎のトラックを追え

2022年初夏のことだ。朝シエナ市内を散歩していると、不思議なトラックが前方から近づいてきて通過した。何が不思議かといえば、キャビンの上部に「ペッパピッグ」をはじめとした、何体かのぬいぐるみがくくり付けられているのである。後日も同様に見かけたので、筆者が手を振ると、運転席のドライバーも拳を振り回して応えてくれた。ノリのいい人とみた。

以来筆者は、ぬいぐるみトラックをなんとか写真に収めようとした。毎日ポケットの一番取り出しやすいところにスマートフォンを入れ、散歩に臨むようになった。速写態勢である。

思い起こせば、筆者が小学生だった1970年代に「(フォルクス)ワーゲンを見ると運が良い」という、おまじないがあった。実際のところは「タイプ1(ビートル)」のことを指していたのだが、筆者はといえば通学路で「パサート」や「ゴルフ」まで数えた。そのとき筆者の意図が分からず糾弾した同級生とは、今も音信不通である。エンスージアストとは孤独なものだ。ともかく、あまりに遭遇できない「ぬいぐるみトラック」は、現代版のワーゲン占いに思えてきた。

ようやく発見したのは、2カ月近くが経過した2022年9月末のことであった。以前と同様、ぬいぐるみをキャビン上にくくり付けている。ただし今度は、筆者が徒歩ではなく、クルマを運転していたときだった。これでは撮影できない。ロータリーに進入したトラックが、どの方向に出てゆくかを目で追い、カーチェイスを敢行した。

やがてトラックが止まったので、筆者も脇の駐車場にクルマを滑り込ませた。見ているとドライバーは、キャビン上に慣れた足取りで登り、車載クレーンを操作し始めた。つり上げたのは、プラスチックおよびガラス専用の回収ボックスである。資源ゴミ専用の塵芥(じんかい)車だったのである。やがて底のふたが開き、内容物が音を立ててこぼれ出た。

トラックは、欧州の重商用車ブランド、イヴェコのいちモデル「ストラリス」である。後日調べたスペックによれば、2007〜2012年に製造されたモデルで、搭載されているエンジンは、1万0308cc直列6気筒ディーゼルの420PSだ。

イヴェコが再び走り始めた。筆者も自分のクルマに戻って追う。頭の中には往年のテレビドラマ『太陽にほえろ!』の挿入曲『行動のテーマ』が流れていた。次に止まったのは、数百m離れたところにある回収ボックス前だった。

筆者が発見したぬいぐるみトラック。
筆者が発見したぬいぐるみトラック。拡大
資源ゴミの回収車だった。
資源ゴミの回収車だった。拡大

心優しきドライバー

ドライバーのクレーン作業を観察する。回収ボックスの上部には輪の形をした金具が2本生えている。まず1本目にクレーンのフックを通してつり上げ、荷台にいったん載せる。続いて2本目の金具に掛け直して持ち上げると、ボックス下部のふたが開く仕掛けだ。その後、再び1本目で持ち上げてボックスを地上に戻す。そのあとクレーンのアームを使ってゴミを圧縮。最後に走行時の飛散防止のため、自動の開閉カバーをかけて終了である。

以前、路肩から手を振った筆者を覚えているかどうかはともかく、作業を終えて地上に降りてきたドライバーに声をかけてみた。彼の名はアンドレアさん。
クレーンゲーム機とか得意ではないですか? と筆者が聞くと、アンドレアさんは「はい」と笑った。

ところで、なぜぬいぐるみを?

「みんな回収ボックスの中に捨ててあったんですよ」

前述のように、彼の担当はプラスチックおよびガラスの回収である。そのダストボックスにぬいぐるみを捨てるのはルール違反だ。そもそもゴミ収集場所に、ぬいぐるみや楽器が捨てられているのを発見するたび、いたたまれない気持ちになる筆者である。

他のゴミと一緒に荷台部分に落下したぬいぐるみを、彼が必死で救出する姿が目に浮かぶ。「あなたは優しい心をお持ちですね」と筆者が声をかけると、アンドレアさんはほほ笑んだ。写真でお分かりいただけるように、本人の風貌もどこか、ぬいぐるみ風である。

幼稚園教諭の経験もある女房によれば、塵芥車やそのドライバー/オペレーターは、いつの時代も幼児に人気だという。アンドレアさんのぬいぐるみトラックを見て、働くクルマや彼らの仕事に理解を示す子どもがさらに増えれば、それは好ましいことである。

その後、プロヌイグルマーである心優しいアンドレアさんのトラックとは、まだ遭遇していない。ただそれだけに、再び見た日は、かつてのワーゲン占い以上に、良い一日になる気がするのである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=藤沢 勝)

キャビン上にくくり付けられた3体のぬいぐるみ。
キャビン上にくくり付けられた3体のぬいぐるみ。拡大
ダストボックスを車載クレーンでつり上げる。
ダストボックスを車載クレーンでつり上げる。拡大
ダストボックスを回収するだけでなく、周囲のゴミも丁寧に拾う。
ダストボックスを回収するだけでなく、周囲のゴミも丁寧に拾う。拡大
ぬいぐるみトラックの主(あるじ)である、ドライバー兼オペレーターのアンドレアさん。
ぬいぐるみトラックの主(あるじ)である、ドライバー兼オペレーターのアンドレアさん。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。