マイナーチェンジ版「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の販売がスタート

2022.11.21 自動車ニュース webCG 編集部
フォルクスワーゲン・ポロGTI
フォルクスワーゲン・ポロGTI拡大

フォルクスワーゲン ジャパンは2022年11月21日、コンパクトハッチバック「フォルクスワーゲン・ポロGTI」のマイナーチェンジモデルを発売した。

 
マイナーチェンジ版「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の販売がスタートの画像拡大
 
マイナーチェンジ版「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の販売がスタートの画像拡大
 
マイナーチェンジ版「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の販売がスタートの画像拡大
 
マイナーチェンジ版「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の販売がスタートの画像拡大
新色「キングズレッドメタリック」の「ポロGTI」。
新色「キングズレッドメタリック」の「ポロGTI」。拡大
新色「スモーキーグレーメタリック」の「ポロGTI」。
新色「スモーキーグレーメタリック」の「ポロGTI」。拡大

2022年6月に仕様変更が実施されたポロ。そのラインナップに、高性能バージョンであるGTIの改良モデルが加わった。

最新型では、2リッター直4ターボエンジンの最高出力が従来の200PSから207PSへとアップ。最大トルクは320N・mでこれまでと変わらない。トランスミッションは7段の「DSG」が組み合わされ、0-100km/h加速は6.5秒(欧州測定値)と公表されている。

足まわりには専用チューニングが施されており、ノーマルのポロに比べ15mm(欧州測定値)のローダウンとなるスポーツサスペンションを採用。そのほか、高速コーナリング時にトラクション性能を最適化する電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」や、好みの走りのセッティングを選択できるドライビングプロファイル機能が標準で備わる。

また、セットオプション「“スポーツセレクト”パッケージ」を選択することで、スポーツモード/ノーマルモードの切り替えができるアクティブダンパー付きの「“スポーツセレクト”シャシー付きスポーツパフォーマンスキット」と、18インチアルミホイール(標準仕様は17インチ)が装着可能だ。

最新型のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4085×1750×1430mmで、ホイールベースは2550mm。エクステリアではハニカム形状のフロントグリルや、ヘッドランプ内部まで続く赤いアクセントラインが、インテリアにおいては伝統のチェック柄を配したファブリックのトップスポーツシート(前席)や赤いステッチが入ったシフトノブ、GTI専用のマルチファンクションステアリングホイール、専用表示のデジタルメータークラスターなどが特徴となっている。

運転支援システムについては、LEDマトリクスヘッドライト「IQ.ライト」や同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」など最新の機能が備わっている。

ボディーカラーは、新色「キングズレッドメタリック」「スモーキーグレーメタリック」を加えた全4色で、価格は411万3000円。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース