クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ついに日本上陸! 「フォルクスワーゲンID.4」は“BEV界のゴルフ”になれるのか?

2022.11.30 デイリーコラム 生方 聡

世界中で愛されるクルマ

「21世紀に間に合いました。」というキャッチフレーズとともに登場したクルマがありましたが、「2022年の発売に間に合うのか」とやきもきさせていたのが、フォルクスワーゲンの最新電気自動車(BEV)「ID.4」。「ゴルフ8」の次の愛車候補としてID.4を考えていた私としては、11月下旬に無事発売されたことに、まずはホッとしています。このID.4、ゴルフのようにコンパクトBEVのベンチマークになりうるのでしょうか?

フォルクスワーゲンのゴルフといえば、コンパクトカーのベンチマークとして誰もが知る存在です。初代ゴルフは、フォルクスワーゲンの礎を築いた「タイプ1(ビートル)」に代わるモデルとして1974年に登場。水冷エンジンとフロントエンジン/フロントドライブ、2ボックスにハッチバックという新しいスタイルによって、より広い室内とアウトバーンを速く安全に走る性能を、求めやすい価格で提供。以後、コンパクトカーのスタンダードとして、ヨーロッパはもとより、世界中で愛されるクルマになるのです。

他の自動車メーカーはこのゴルフをお手本として追いかけますが、ゴルフはモデルチェンジのたびに安全性や居住性、快適性、動力性能をさらに進化させることで、他の追随を許さない存在であり続けました。スポーツモデルの「GTI」や「R」、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」などの追加もユーザー層の拡大に一役買っていて、最新世代のゴルフ8もコンパクトカーのベンチマークであることに変わりはありません。

2022年11月22日に国内発売された「フォルクスワーゲンID.4」。まずは導入記念仕様の「ローンチエディション」2機種がラインナップされる。
2022年11月22日に国内発売された「フォルクスワーゲンID.4」。まずは導入記念仕様の「ローンチエディション」2機種がラインナップされる。拡大
電気自動車専用プラットフォーム「MEB」を使う「ID.4」。フォルクスワーゲンとしては久しぶりの後輪駆動(が基本)となるのが特徴だ。
電気自動車専用プラットフォーム「MEB」を使う「ID.4」。フォルクスワーゲンとしては久しぶりの後輪駆動(が基本)となるのが特徴だ。拡大
駆動用バッテリーの容量は52kWhと77kWhの2種類。一充電走行距離は最長で561kmにも達する。
駆動用バッテリーの容量は52kWhと77kWhの2種類。一充電走行距離は最長で561kmにも達する。拡大
フォルクスワーゲン の中古車

ゴルフとは違うベクトル

その一方で、フォルクスワーゲンは次の時代に向けてBEVの投入を迫られていました。そこで登場するのが、新たに開発された「MEB(モジュラーエレクトリックツールキット)」プラットフォームを採用するID.シリーズです。フォルクスワーゲンは、手始めにハッチバックの「ID.3」を発表し、その後、コンパクトSUVのID.4、そのクーペ版の「ID.5」、“ワーゲンバス”の再来とされる「ID.Buzz」を投入。このうち、世界的なSUVブームということもあって、ID.4が世界戦略モデルとしてヨーロッパをはじめ、北米や中国で生産され、日本にもヨーロッパから送り込まれることになりました。

個人的には同じグループのアウディに、コンパクトSUV型BEVの「Q4 e-tron」があることから、フォルクスワーゲン ジャパンにはゴルフを連想させるハッチバックスタイルのID.3を販売してほしかったのですが……。

それはさておき、実際にID.4に試乗してみると、期待を大きく上回るニューモデルでした。別の言葉を使えば、ID.4は歴代ゴルフの延長線上にはない、まったく新しいクルマに思えました。例えばエクステリアでは、人の顔を思わせるフロントマスクや流れるようなフォルム、シンプルでありながら上質さが感じられるインテリア、サイズから想像する以上に広い室内空間、メーターパネルにつながるシフトレバー、後輪駆動が生む素直で軽快なハンドリングなど、見どころがたくさん。一方、運転のしやすさや乗り心地のよさ、走行安定性の高さ、乗員を包み込むような安心感は、フォルクスワーゲンそのものです。

正直、ID.4の仕上がり具合には舌を巻くほどで、コンパクトBEVのベンチマークになる可能性は大いにあると思っています。とはいえ、ID.4がゴルフにというか、BEVがエンジン車に取って代わるには、もうしばらく時間がかかるでしょう。わが家では、ひとあし先にID.4がゴルフの座を奪うみたいですが(笑)。

(文=生方 聡/写真=フォルクスワーゲン ジャパン/編集=藤沢 勝)

シンプルさが際立つインストゥルメントパネルにはメカニカルなスイッチはまったく備わらない。運転に関わること以外の設定はほぼセンタースクリーン内で完結する。
シンプルさが際立つインストゥルメントパネルにはメカニカルなスイッチはまったく備わらない。運転に関わること以外の設定はほぼセンタースクリーン内で完結する。拡大
ペダルにはオーディオの再生と一時停止のアイコンをあしらうなど、遊び心も忘れない。
ペダルにはオーディオの再生と一時停止のアイコンをあしらうなど、遊び心も忘れない。拡大
シフトセレクターは前後にひねって使うレバー式。メーターパネルの側面に、ステアリングリムに隠れるように備わっている。
シフトセレクターは前後にひねって使うレバー式。メーターパネルの側面に、ステアリングリムに隠れるように備わっている。拡大
生方 聡

生方 聡

モータージャーナリスト。1964年生まれ。大学卒業後、外資系IT企業に就職したが、クルマに携わる仕事に就く夢が諦めきれず、1992年から『CAR GRAPHIC』記者として、あたらしいキャリアをスタート。現在はフリーのライターとして試乗記やレースレポートなどを寄稿。愛車は「フォルクスワーゲンID.4」。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。