BYDが電気自動車「ATTO 3」を2023年1月31日に発売 価格は440万円

2022.12.05 自動車ニュース webCG 編集部
BYD ATTO 3
BYD ATTO 3拡大

BYDオートジャパンは2022年12月5日、電気自動車(EV)「ATTO 3(アットスリー)」を2023年1月31日に発売すると発表した。

◆関連ニュース:中国BYDが日本の乗用車市場に参入 2023年に3モデルの新型EVを導入
◆ギャラリー:BYDアットスリー/ドルフィン/シール
◆関連コラム:中国の巨人がついに日本に進出! 世界最大級のEV&PHEVメーカーBYDとは何者か?

 
BYDが電気自動車「ATTO 3」を2023年1月31日に発売 価格は440万円の画像拡大
 
BYDが電気自動車「ATTO 3」を2023年1月31日に発売 価格は440万円の画像拡大
 
BYDが電気自動車「ATTO 3」を2023年1月31日に発売 価格は440万円の画像拡大
 
BYDが電気自動車「ATTO 3」を2023年1月31日に発売 価格は440万円の画像拡大
 
BYDが電気自動車「ATTO 3」を2023年1月31日に発売 価格は440万円の画像拡大

BYDの日本導入モデル第1弾

BYDはITエレクトロニクス事業や自動車事業、新エネルギー事業、都市交通事業などを手がける中国のグローバル企業であり、自動車についてはEVを得意としている。2022年7月に日本の乗用車市場参入を発表しており、同時に日本導入予定の3モデル、ATTO 3、「DOLPHIN(ドルフィン)」「SEAL(シール)」の3モデルを公開した。

今回、日本での発売が発表されたATTO 3は、2022年2月に中国で市場投入されたコンパクトSUVタイプのEVである。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4455×1875×1615mm、ホイールベースは2720mm、車両重量は1750kg。車両構造には「e-Platform3.0」と呼ばれるBYDのEV専用プラットフォームを採用しており、リン酸鉄リチウムイオンバッテリー「ブレードバッテリー」と8つのモジュールを集約した「8in1 パワーシステムアッセンブリー」により、低重心かつフラットな床面で、広い車内空間とスタイリッシュなデザインを可能にしたという。

バッテリーの容量は58.56kWhで、WLTCモードで485kmの一充電走行距離を実現。駆動方式はFWDで、最高出力204PS(150kW)、最大トルク310N・mを発生する交流同期電動機によって前輪を駆動する。またこの電動パワートレインは出力85kWまでのDC急速充電(CHAdeMO規格)に対応。V2HやV2Lといった外部給電機能も備わっている。

装備に関しては、予防安全・運転支援システムとして同一車線内走行支援のナビゲーションパイロットや死角をサポートするブラインドスポットインフォメーション、自動緊急ブレーキシステムなどを標準装備。12.8インチモニターを備えたインフォテインメントシステムは、携帯端末との連携機能「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応しており、また通信モジュールを用いたコネクテッド機能を生かし、将来的にはBYDスマホアプリとの連携やOTAリモートアップデートにも対応する予定となっている。

このほかにも、パノラマサンルーフや運転席・助手席パワーシートおよびシートヒーター、電動テールゲート、ドライブレコーダー等を標準で備えるなど、装備は充実。事故自動緊急通報装置の「BYD E-CALL」も搭載されている。

価格は440万円。

(webCG)

関連キーワード:
ATTO 3, BYD, アットスリー, 自動車ニュース