ボルボV50にスポーティな特別仕様車

2010.12.28 自動車ニュース

よりスポーティな「ボルボV50」、200台限定で発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ボルボ車の正規輸入50周年を記念して、ワゴンモデル「V50」に特別仕様車「V50 2.0e スポーツ」を設定。2010年12月27日に発売した。

「V50 2.0e スポーツ」は、2リッター直4エンジンを積むエントリーグレード「V50 2.0e パワーシフト」をベースに装備を追加、スポーティなライフスタイルが演出されたモデルだ。

エクステリアは、フォグランプやルーフレール、デュアルキセノンヘッドランプ&ヘッドランプウォッシャー、さらに16インチアルミホイール「コンベクター」でドレスアップ。
インテリアも、ウエットスーツをヒントにしたという専用シート「T-Tec/テキスタイルシート」が採用され、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブ、さらにアルミのセンターコンソールパネルやインナードアハンドルも与えられる。

200台の限定で、価格はベースモデルより20万円高の319万円。

(webCG 関)

「ボルボV50 2.0e スポーツ」
「ボルボV50 2.0e スポーツ」 拡大
インテリアの様子。実際の特別仕様車は、右ハンドル仕様となる。
インテリアの様子。実際の特別仕様車は、右ハンドル仕様となる。 拡大

関連キーワード:
V50, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V50 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
ホームへ戻る