高性能ルックのスバル・インプレッサ、発売

2010.12.21 自動車ニュース

高性能ルックの「スバル・インプレッサ」発売

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に特別仕様車を設定し、2010年12月21日に発売した。

今回発売された「1.5i-S Limited」と「2.0i-S Limited」は、スポーティな外観がウリの1.5リッターモデル「1.5i-S」と2リッターモデル「2.0i-S」の見た目を、さらにスポーティにしたという特別仕様車だ。

どちらも、「インプレッサ」のハイパフォーマンスグレード「WRX STI」を思わせる大型のルーフスポイラーやメッシュグリル、さらに、ブラックインテリアやダークキャストメタリックのパネル類、赤ステッチのアームレストなどで内外装をドレスアップ。足まわりには専用のスポーティチューニングサスペンションがおごられる。

さらに、「1.5i-S Limited」には、LEDサイドターンランプ付きドアミラー、リアスタビライザー、アルミパッド付きのスポーツペダルが、「2.0i-S Limited」にはアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートやパドルシフト(AT車)が与えられる。

価格は、「1.5i-S Limited」が159万6000円(FF/5MT)から181万6500円(4WD/4AT)で、「2.0i-S Limited」が205万8000円(FF/4AT)と222万6000円(4WD/4AT)。

「1.5i-S Limited」には、HIDロービームランプやフォグランプ、キーレスアクセス&プッシュスタート、「2.0i-S Limited」と同じアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートなどがセットになったオプション「プレミアムパッケージ」も20万円で用意される。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」
「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」 拡大
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。 拡大
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。 拡大

関連キーワード:
インプレッサ, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
ホームへ戻る