メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良

2010.12.01 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良

メルセデス・ベンツ日本は2010年12月1日、本格オフローダー「Gクラス」に一部改良を加えるとともに、特別仕様車「G550ロング カーボンエディション」を設定し、発売した。

■より安全なヘッドレストを搭載

今回の一部改良では、追突などによって後方から強い衝撃を受けた際、ヘッドレストが瞬時に前上方に移動し、乗員の頭や首を保護する「NECK PROアクティブヘッドレスト」が運転席と助手席に装備された。また「G550ロング」に新デザインのホイールが採用された。

価格は据え置かれ、「G550ロング」が1340万円、「G55 AMGロング」は1780万円。

■デジーノ専用ボディ色&カーボンアクセント付き

特別仕様車「G550ロング カーボンエディション」は、通常はAMGモデルのみに設定されている「designo(デジーノ) AMGプログラム」のボディ色「designoミスティックホワイトII」を採用し、ボディサイドにカーボンストリップライントリムを組み合わせた限定モデル。

内装には、センターコンソールやステアリングホイールなど随所に光沢加工を施したカーボントリムとクロームがあしらわれるほか、アルミ削りだしの専用シリアルプレートがシフトノブ前方に装着される。

価格はベース車より60万円高い、1400万円。
全国限定30台が販売される。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツG550ロング」
「メルセデス・ベンツG550ロング」 拡大
Gクラス全車に標準装備された「NECK PROアクティブヘッドレスト」。
Gクラス全車に標準装備された「NECK PROアクティブヘッドレスト」。 拡大
「メルセデス・ベンツG550ロング カーボンエディション」
「メルセデス・ベンツG550ロング カーボンエディション」 拡大
メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良の画像 拡大

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • 「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「マヌファクトゥーアエディション」登場 2020.7.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年7月27日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「manufaktur Edition(マヌファクトゥーアエディション)」を設定し、予約注文受け付けを開始した。納車は同年8月以降とアナウンスされている。
  • アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー(FR/6MT)【試乗記】 2020.7.28 試乗記 「アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー」は絵に描いたようなクラシックカーだが、実は2020年現在でも1937年式として新車注文が可能な英国車だ。そのカラクリを解き明かすとともに、戦前のスーパーカーの走りを味わってみた。
ホームへ戻る