「シボレー・コルベット」の2011年モデル発表

2010.11.26 自動車ニュース

GMAPJ、「シボレー・コルベット」2011年モデル導入を発表

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは2010年11月24日、「シボレー・コルベット」2011年モデルの導入を発表した。12月上旬より販売を開始する。

■ボディ、エンジン、トランスミッションで選べる4モデル

「シボレー・コルベット」の2011年モデルが発表された。ラインナップは、これまでと同様、基本となる「クーペ」「コンバーチブル」のほか、高性能モデルが2タイプ用意される。ひとつは、排気量がノーマルの6.2リッター(最高出力436ps、最大トルク58.6kgm)から7リッターに拡大され、511ps、64.9kgmへと大幅にパワーアップした「Z06」。もうひとつは、排気量は6.2リッターのまま、スーパーチャージャーの追加でパワーとトルクが647ps、83.5kgmまで高められたスペシャルモデル「ZR1」だ。

トランスミッションは、「クーペ」と「コンバーチブル」には6段AT、「Z06」と「ZR1」には6段MTが組み合わされる。

2011年モデルでは、「クーペ」「コンバーチブル」のホイールデザインが新しくなったほか、オートマチックトランスミッションは、従来のSポジションに加えてDポジションでもパドルでの変速操作が可能になった。一方、「Z06」「ZR1」は、マニュアルトランスミッションのシフトフィールが改善された。さらに全車でシートのヘッドレストデザインが変更を受けた。

価格は、「クーペ」が755万円、「コンバーチブル」が875万円、「Z06」は985万円、「ZR1」は1490万円。

■「Z06」ベースのリミテッドエディション登場

「Z06」をベースとする特別限定車「Z06カーボンリミテッドエディション」の2011年春導入も発表された。「コルベット」のルマン24時間耐久レース参戦50周年を記念したこのスペシャルモデルは、世界限定500台生産の内、10台が日本に上陸する予定である。「ZR1」と同様のBrembo社製カーボンセラミックディスクローター付き強化ブレーキ(フロント6ピストン、リア4ピストン)、フロント19インチ、リア20インチのブラックアルミホイール、マグネティック・セレクティブ・ライドコントロール、カーボンファイバーエンジンフード、カーボンファイバーロッカー&フロントスプリッターなどの機能パーツの採用により「自然吸気エンジンコルベットで最高のパフォーマンス」が追求されている。内装もスウェードをふんだんに使ったものにアップグレードされる。

ボディカラーはオレンジと、ブルーの2色が用意され、価格は、1190万円(予定)。

■「Z06」に新オプションパッケージ追加

また、「Z06」に新たなメーカーオプションとして、「アルティメットパフォーマンスパッケージ」が設定された。これは、「ZR1」と共通デザインのフロント19インチ、リア20インチアルミホイール(コンペティショングレー)、リアスポイラーに加え、「Z06カーボンリミテッドエディション」と同様のブレーキシステム、サスペンション、カーボン製エアロパーツなどを装備することで、独自の個性を演出したもの。オプション価格は、170万円。

(webCG 曽宮)

「コルベット コンバーチブル」
「コルベット コンバーチブル」 拡大
「コルベット ZR1」
「コルベット ZR1」 拡大
「コルベット Z06 カーボンリミテッドエディション」
「コルベット Z06 カーボンリミテッドエディション」 拡大
「コルベット Z06」
「コルベット Z06」 拡大

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • GMが新型「シボレー・コルベット」の予約受け付けを開始 価格は1180万円から1400万円【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが東京オートサロンで新型「シボレー・コルベット」をアジア初公開。同時に予約受け付けを開始した。日本仕様には「Z51パフォーマンスパッケージ」が標準装備されるほか、「2LT」と「3LT」の2つのトリムが用意される。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
ホームへ戻る