「日産キューブ」に華やかな内装の特別仕様車

2010.11.26 自動車ニュース

「日産キューブ」に華やかな内装の特別仕様車

日産自動車は2010年11月26日、「キューブ」に特別仕様車を設定。同時に全グレードの一部仕様変更も行い、同日発売した。

■深紅のシートでパーティー気分

キューブの特別仕様車「パーティーレッドセレクション」は、「15X」「15X FOUR」がベースとなる。同車はフェザーグレーの内装に、スエード調クロス地(クラッシュベロア)の深紅のシートが特別に採用され、パーティーのような華やかな雰囲気が演出された。
加えてメッキインナードアハンドルや本革巻き3本スポークステアリング、インテリジェントキー、エンジンイモビライザーなどの装備も標準で付与される。

価格は「15Xパーティーレッドセレクション」が149万8350円、「15X FOURパーティーレッドセレクション」が172万6200円で、いずれもベース車より3万4650円安く設定された。

■キューブ全車に「ECOモード」

同時に、キューブ全グレードにも仕様変更が行われた。
エンジンとトランスミッションを協調制御し、エコドライブをサポートする「ECOモード」機能が加わり、スイッチを押すことでモード切り替えが可能となった。さらに、カーウィングスナビゲーションシステム装着車では、ナビの道路情報を用いることでエンジンブレーキを最適にコントロールし、実用燃費を向上させる「ナビ協調変速機能」が盛り込まれるなど、エコ機能の向上が図られた。
また、インテリジェントエアコンシステムには高濃度プラズマクラスターイオン発生機を新たに採用。ボディカラーには新色シャイニーブロンズが加わり、全9色展開となった。価格は変更されていない。

(webCG 本諏訪)

「キューブ15Xパーティーレッドセレクション」
「キューブ15Xパーティーレッドセレクション」 拡大

「日産キューブ」に華やかな内装の特別仕様車の画像 拡大
写真のボディカラーは新色シャイニーブロンズ。
写真のボディカラーは新色シャイニーブロンズ。 拡大

関連キーワード:
キューブ, 日産, 自動車ニュース

日産 キューブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
ホームへ戻る