ホンダ、「インサイト」をマイナーチェンジ

2010.10.13 自動車ニュース

ホンダ、ハイブリッド専用車「インサイト」を一部改良

本田技研工業は2010年10月8日、ハイブリッド車「インサイト」を一部改良し、発売した。

今回の改良では、サスペンション特性が見直され、操縦安定性と乗り心地の向上が図られた。また、エアコンの噴出し口やドアライニングにシルバー加飾が施されるなど、内装デザインが変更された。

装備面では、エントリーグレード「G」にマップランプとアームレスト付センターコンソールボックスが追加装備。中間グレード「L」と上級グレード「LS」には照明付ステアリングスイッチ付クルーズコントロールとウォッシャー付間欠リアワイパーが標準装備となった。また「LS」に従来標準装着されていた16インチアルミホイールは15インチへとインチダウンされ、燃費(10・15モード)が他グレードと同様、30.0km/リッターに向上した(従来は28.0km/リッター)。さらに「LS」には本革巻セレクトレバーが標準化。本革シート&専用インテリア(運転席&助手席シートヒーター付き)もメーカーオプションで選べるようになった。

価格は、「G」が189万円、「L」が207万円、「LS」が223万円

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
インサイト, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ インサイト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • 月販たったの300台! それでも新型「アコード」を日本で売るワケ 2020.2.21 デイリーコラム スタイリッシュに生まれ変わったホンダのセダン「アコード」。しかし、国内の取り扱いグレードは1種類だけで、月あたりの販売計画はたったの300台。それでビジネスとして成り立つのか? 開発責任者に話を聞いた。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
ホームへ戻る