M3クーペコンペティション 受注開始

2010.10.07 自動車ニュース

「BMW M3」誕生25周年記念モデル「M3クーペコンペティション」の受注を開始

BMWジャパンは2010年10月7日、高性能モデル「M3」の誕生25周年を記念し、「M3クーペコンペティション」を追加設定。同日に受注を開始した。

■超体育会系「M3」

1985年秋のフランクフルトショーに、初代「M3」が登場して今年で25年。ツーリングカーレースへの参戦を前提に開発された「M3」が、その後ドイツ・ツーリングカー選手権をはじめ、数々のレースで輝かしい成績をおさめたのはご存じのとおりだ。そんな「M3」の誕生25周年を記念して、今回ラインナップに加えられたのが「M3クーペコンペティション」だ。

「M3クーペコンペティション」は、「M3クーペ」をベースにさらにスポーツ色を強めたのが特徴。デザインでは、ボディカラーを専用の“ファイヤー・オレンジ”とするとともに、マットブラックの19インチアルミホイールを装着。この専用デザインホイールには、フロント245/35R19、リア265/35R19タイヤが組み合わされる。
また、ベースモデルではルーフがカーボン製となるが、この「M3クーペコンペティション」では、さらにリアスポイラー、ドアミラーカバーもカーボン製となりスポーティさをアピールする。

一方、走りにまつわる部分では、通常オプションとなる「Mドライブ」と「EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)」を標準装着としたうえで、EDCやDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)に専用のセッティングを施すことで、よりスポーティなドライビングを可能にしている。

さらに、カーボンインテリアトリムや電動調節式サイドサポート、ランバーサポート(ともに運転席&助手席)も標準で装備。価格は、6段MTが1163万円、7段ATは1213万円で、ベースモデルに対して145万円のアップとなる。なお、納車は2011年2月以降になる見通しだ。

(文=生方聡)

「BMW M3クーペコンペティション」
「BMW M3クーペコンペティション」 拡大

関連キーワード:
M3クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M3クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • 最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場 2020.5.19 自動車ニュース 独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能な3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
ホームへ戻る