スズキ、ワゴンRシリーズを一部改良

2010.08.23 自動車ニュース

スズキ、「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良

スズキは2010年8月20日、軽乗用車「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」を一部改良し、発売した。

今回の変更では、CVT車に副変速機構付CVTが新たに採用され、燃費と発進加速の向上が図られた。また、新開発のアイドリングストップシステムを搭載した新グレード「FX アイドリングストップ」を設定。10・15モード燃費は25.0km/リッターを達成した。ターボ/FF車も「平成17年度排出ガス基準75%低減レベル」を達成し、エコカー減税対象機種が拡大された。

装備面では、シートやドアトリム表皮が変更されたほか、「ワゴンR FXリミテッド」には専用フロントメッキグリルを採用。「ワゴンRスティングレー T」には15インチアルミホイールが備わる。
さらに、5MT車を除く全車に燃費効率の良い走行状態を知らせるエコドライブインジケーターを装備。「ワゴンR FXリミテッド」と「ワゴンRスティングレー T」のFF車には、ランフラットタイヤがオプションで設定される。

一部グレードに「アクアベールブルーパールメタリック」(水色)と「パールメタリックカシミールブルー」(青色)のボディカラーが新しく設定された。
価格は、「ワゴンR」が107万1000円から133万350円、「ワゴンRスティングレー」は125万4750円から152万4600円。

(webCG ワタナベ)

「ワゴンR FXリミテッド」
「ワゴンR FXリミテッド」 拡大
「ワゴンR FXリミテッド」の内装。
「ワゴンR FXリミテッド」の内装。 拡大
「ワゴンRスティングレー T」
「ワゴンRスティングレー T」 拡大
「ワゴンRスティングレー T」の内装。
「ワゴンRスティングレー T」の内装。 拡大

関連キーワード:
ワゴンR, ワゴンRスティングレー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ワゴンR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • 「スズキ・ワゴンR」の安全装備が充実 新開発エンジン搭載車も登場 2019.12.25 自動車ニュース スズキが、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の一部仕様を変更。衝突を回避する安全装備を充実させた。自然吸気モデルには新型「ハスラー」にも採用されている新開発エンジンを搭載し、2020年1月20日に発売する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
ホームへ戻る