Cクラス、ブラックシリーズの日本専用特別限定車

2012.10.19 自動車ニュース

「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」日本専用20台の特別限定車

メルセデス・ベンツ日本は2012年10月18日、「Cクラスクーペ」の高性能バージョン「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」に、特別ペイントなどを施した「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition(パフォーマンススタジオエディション)」を20台限定で発売した。

「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition」は、「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」をベースに、メルセデスAMG社のカスタムオーダープログラム「AMGパフォーマンススタジオ」の特別装備を与え、日本専用に企画された20台限定の特別仕様車。
「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」は、「C63 AMGクーペ」にスペシャルチューニングを施したフラッグシップモデルで、日本では2012年に50台限定で投入されている。

エクステリアは、ボディーカラーに特別設定されたマットペイント「designoマグノカシミヤホワイト」を採用。さらに19インチアルミホイールやドアミラーハウジング、サイドスカートなど、マットブラック塗装を施したパーツ類でドレスアップされる。

インテリアは、ボディーカラーと同色のインテリアトリムをはじめ、「AMGパフォーマンススタジオ」にて手作業で製作された専用フロアマットやAMGのロゴをあしらったシフトノブ、ドアロックピンが装備される。

そのほか主な特別装備は、以下のとおり。

<AMGパフォーマンススタジオ専用装備>
・マットブラックエクステリアパーツ
・designoマグノカシミヤホワイトインテリアトリム(AMGブラックシリーズロゴ付き)
・AMGドアロックピン(AMGロゴ付き)
・AMGシフトノブ(AMGアファルターバッハエンブレム付き)
・ハンドクラフトAMGフロアマット(AMGロゴ付き)

<特別オプション>
・AMGサイドデカール「AMG Performance Studio」(無償)

<ブラックシリーズ特別装備>
・マットブラックペイント19インチAMG10スポークアルミホイール(鍛造)
・AMGエアロダイナミクスパッケージ(カーボンフリックス、カーボンフロントスプリッター、カーボンリアエアロウイング)
・専用AMGスポーツバケットシート(レザーDINAMICA/2シーター仕様)
・専用AMGパフォーマンスステアリング(本革巻き/レザーDINAMICA)
・AMGパフォーマンスメディア
・専用AMGパラメーターステアリング
・専用AMG強化ブレーキシステム
・専用フロントスポイラー
・専用サイドスカート
・専用リアスカート
・専用ABS
・専用AMGディフューザー
・専用エンブレム(AMGブラックシリーズロゴ付き)

価格は1750万円。デリバリーは2013年2月より順次開始する予定とのこと。

(webCG)

「メルセデス・ベンツ C63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition」
「メルセデス・ベンツ C63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition」 拡大

Cクラス、ブラックシリーズの日本専用特別限定車の画像 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る