「フィアット500」全車にメンテナンスプログラム

2012.10.25 自動車ニュース

「フィアット500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

フィアット クライスラー ジャパンは、2012年11月1日から「フィアット500」の全車にメンテナンスプログラム「フィアット イージー ケア」標準付帯する。

「フィアット イージー ケア」とは、新車購入後1年目と2年目の定期点検、および定期点検時におけるメーカー推奨定期交換部品の交換を行うメンテナンスプログラムのこと。これまでは新車購入契約時に別途6万8000円の契約料を支払う必要があったが、2012年11月1日から「フィアット500」全車に標準で付帯される。

また今回、2気筒エンジンを搭載する「ツインエア」モデルについては、充電のタイミングを最適化する「スマートオルタネーター」を装着して燃費(10・15モード)が0.5km/リッター向上させる。
さらに、上級グレードの「500ツインエア ラウンジ」には、これまで設定がなかったブラックのインテリアと、グレー/ブラックのファブリックシートの組み合わせを導入する。

新価格は以下のとおり。全モデルで4万円〜5万円値上げされる。

・500 1.2 ポップ:199万円(旧価格は195万円)
・500ツインエア ポップ:220万円(同215万円)
・500ツインエア ラウンジ:250万円(同245万円)
・500C 1.2 ポップ:243万円(同239万円)
・500C ツインエア ラウンジ:284万円(同279万円)

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る