「フィアット500」全車にメンテナンスプログラム

2012.10.25 自動車ニュース

「フィアット500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

フィアット クライスラー ジャパンは、2012年11月1日から「フィアット500」の全車にメンテナンスプログラム「フィアット イージー ケア」標準付帯する。

「フィアット イージー ケア」とは、新車購入後1年目と2年目の定期点検、および定期点検時におけるメーカー推奨定期交換部品の交換を行うメンテナンスプログラムのこと。これまでは新車購入契約時に別途6万8000円の契約料を支払う必要があったが、2012年11月1日から「フィアット500」全車に標準で付帯される。

また今回、2気筒エンジンを搭載する「ツインエア」モデルについては、充電のタイミングを最適化する「スマートオルタネーター」を装着して燃費(10・15モード)が0.5km/リッター向上させる。
さらに、上級グレードの「500ツインエア ラウンジ」には、これまで設定がなかったブラックのインテリアと、グレー/ブラックのファブリックシートの組み合わせを導入する。

新価格は以下のとおり。全モデルで4万円〜5万円値上げされる。

・500 1.2 ポップ:199万円(旧価格は195万円)
・500ツインエア ポップ:220万円(同215万円)
・500ツインエア ラウンジ:250万円(同245万円)
・500C 1.2 ポップ:243万円(同239万円)
・500C ツインエア ラウンジ:284万円(同279万円)

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
ホームへ戻る