「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」発表

2012.10.30 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「クロストゥーラン」を発表

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年10月30日、「ゴルフトゥーラン」の追加モデル「クロストゥーラン」を発表した。同年11月20日に販売を開始する。

「クロストゥーラン」は7人乗りのミニバン「ゴルフトゥーラン」をベースに、エクステリアを中心に専用装備を施した「アクティブでスポーティーなモデル」(プレスリリース)。2011年開催の東京モーターショーに参考出品されていた。

エクステリアでは、専用デザインのフロント&リアバンパー、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング、サイドスカート、17インチアルミホイールなどを装備。また、全高は専用サスペンションを採用することで10mmアップしている。

インテリアでは、専用デザインのファブリックシートや純正ナビゲーションシステム、リアビューカメラなどが装備される。

エンジンは「ゴルフトゥーラン」と同じく1.4リッターのツインチャージャーTSIエンジン(140ps/5600rpm、22.4kgm/1250-4000rpm)を搭載。トランスミッションは乾式7段DSGが組み合わされる。

価格は348万円。ナビゲーションなどが標準装備されながらも、「ゴルフトゥーランTSIハイライン」の9万円高に抑えられた価格設定となっている。

(工藤考浩)

「クロストゥーラン」
「クロストゥーラン」 拡大

「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」発表の画像 拡大

「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」発表の画像 拡大

「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」発表の画像 拡大

「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」発表の画像 拡大

「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」発表の画像 拡大

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン2.0 TDI SCR(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.8.1 試乗記 いよいよ日本へのディーゼルモデル導入を開始したフォルクスワーゲン(VW)。その第2弾となる「ゴルフトゥーラン」のTDIモデルに、本国ドイツで試乗。間もなく日本に導入されるディーゼルミニバンは、“アウトバーンの国”ならではの長距離ランナーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る