「日産キューブ」燃費向上 新色の追加も

2012.10.30 自動車ニュース

「日産キューブ」燃費向上 新色の追加も

日産自動車は「キューブ」の仕様を変更し、2012年10月30日に発売した。

今回、「日産キューブ」のパワートレインに変更が施された。1.5リッター直4エンジンには、アイドリングストップ機構やデュアルインジェクター、排気側の可変バルブタイミング機構が追加され、トランスミッションは副変速機付きのエクストロニックCVTに。
その結果、FF車の燃費値(JC08モード)は19.0km/リッターに向上した。

ボディーカラーに新色の「ライトジンジャー」と「ラグーンブルー」が設定されたのもニュース。インテリアについても、シート地に新色「ヴィンテージキャメル」のスエード調クロスが追加設定された。

価格は、「15X」(FF車)の153万3000円から「15G」(FF車)の193万2000円まで。

(webCG)

「日産キューブ 15X Vセレクション」
「日産キューブ 15X Vセレクション」 拡大
こちらは、新色「ラグーンブルー」のモデル。
こちらは、新色「ラグーンブルー」のモデル。 拡大
新色「ヴィンテージキャメル」のシート地からなるインテリア。
新色「ヴィンテージキャメル」のシート地からなるインテリア。 拡大

関連キーワード:
キューブ, 日産, 自動車ニュース

日産 キューブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産キューブキュービック 15M(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2005.7.20 試乗記 ……204万8650円
    総合評価……★★★★

    大ヒットコンパクト「日産キューブ」シリーズ。3列シート版「キュービック」や1.5リッターモデルとバリエーションも増えた。街でよくみる“売れ筋モデル”キュービックの1.5リッターモデルに乗った。


  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
ホームへ戻る