防水シートのジムニー「ランドベンチャー」発売

2009.06.09 自動車ニュース

防水シートのジムニー「ランドベンチャー」発売

スズキは、本格的な軽オフローダー「ジムニー」と、1.3リッターエンジンを搭載する小型4WDモデル「ジムニー シエラ」に特別仕様車「ランドベンチャー」を設定。2009年6月8日に発売した。

「ランドベンチャー」は、「アウトドアシーンから街乗りまで、快適に使える装備を多数採用した」という特別仕様車。

ドアミラーをターンランプ内蔵式とし、シートの一部表皮に、防水性と透湿性を備える「セルクロス」を採用。ドアトリムのクロスも専用品とした。
ほか、シルバーウッド調のセンターガーニッシュや、本革巻きステアリングホイールなども特別な装備だ。

さらに「ジムニー ランドベンチャー」では、専用デザインのアルミホイール、フロントメッキグリル、前席のシートヒーターなどが標準で備わり、「ジムニーシエラ ランドベンチャー」には、専用のアルミホイールやフロントバンパー、ルーフレールが装着される。

価格は、「ジムニー ランドベンチャー」(4WD/5MT)が150万8850円で、「ジムニーシエラ ランドベンチャー」(4WD/5MT)が165万5850円。4ATモデルは、それぞれ10万8150円高となる。

(webCG 関)

「ジムニー ランドベンチャー」
「ジムニー ランドベンチャー」 拡大
専用の「セルクロス」シート。
専用の「セルクロス」シート。 拡大
「ジムニーシエラ ランドベンチャー」
「ジムニーシエラ ランドベンチャー」 拡大

関連キーワード:
ジムニー, ジムニーシエラ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ジムニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(前編)【試乗記】 2019.7.17 試乗記 本格的なオフロード性能を有するクロスカントリー車として、今や貴重な存在となった「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。価格もボディーサイズも異なる2台の間に、共通する価値観はあるのか? 東京-富士ヶ嶺のドライブを通して確かめた。
ホームへ戻る