「VWティグアン」に1.4リッターFF車が登場

2012.11.20 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に1.4リッターFF車が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年11月20日、コンパクトSUVの「ティグアン」に、1.4リッターFF車の「TSIブルーモーションテクノロジー」「TSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」を追加。同日、販売を開始した。

追加された2つの新グレードは、パワートレインに1.4リッターTSIエンジンと6段DSGを採用。ターボとスーパーチャージャーの2つの過給機により、150ps/5800rpmの最高出力と24.5kgm/1500-4000rpmを発生する。また、アイドリングストップ機構の「Start/Stopシステム」やブレーキエネルギー回生システムなどの採用により、14.6km/リッター(JC08モード)の燃費性能も獲得。75%のエコカー減税にも対応している。

このほかにも、走行中にアクセルペダルから足を離した際、トランスミッションとエンジンを切り離すことで惰性走行を行う「コースティング走行モード」を採用。無駄な燃料消費をより抑えられるようになった。

また、新たに新型のメーカー純正ナビゲーションシステムである「712SDCW」を標準装備。ドライバーは2年間無償で地図データを更新できるほか、オンライン交通情報検索によるルート案内や、iPhoneを介したニュース、天気予報といった、情報サービスが利用できるようになった。

グレードはベーシックな「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」(339万円)と、専用のエクステリアパーツや18インチアルミホイール、スポーツサスペンションなどを装備した「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」(379万円)のほか、既存の2リッター4WD車「Rライン」も、「ティグアン2.0TSI Rライン 4モーション」(426万円)と名称を改め、継続販売される。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」 拡大
「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」
「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ」 拡大
1.4リッターTSIエンジン
1.4リッターTSIエンジン 拡大
新型のメーカー純正ナビには、駐車時などに重宝するリアビューカメラも標準装備。
新型のメーカー純正ナビには、駐車時などに重宝するリアビューカメラも標準装備。 拡大

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸 2020.7.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年7月15日、新型のコンパクトクロスオーバーSUV「T-Roc(Tロック)」の国内導入を発表し、同日、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る