アルファ・ロメオ、白いボディに赤内装の特別仕様車

2008.11.18 自動車ニュース

アルファロメオ、白いボディに赤内装の特別仕様車

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、アルファロメオの4モデルに特別仕様車「ホワイトエディション」を台数限定で追加。2008年11月22日に発売する。

ホワイトエディションは、アイスホワイトのボディカラーに、レッドのインテリアカラーを組み合わせた特別仕様車。「アルファ147」「アルファGT」「アルファ・スパイダー」「アルファ・ブレラ」の4モデルそれぞれをベースに設定される。

白いボディとレッドの内装は従来も一部車種および仕様で設定されていたが、今回はこれら2つを組み合わせ、コントラスト際立つコーディネートとした。さらに、ラジアルスポークデザインのアロイホイールや、レッドカラー仕上げの前後ブレーキキャリパーを用いてドレスアップした。

アルファ147のホワイトエディションには、スポーツサスペンションやリアスポイラーを標準装備することで走りのパフォーマンスを、他の3モデルは、クルーズコントロールやETCを備えるなどして快適性をアップ。
アルファ・スパイダーとアルファ・ブレラには、「ESS」(ハザードランプ緊急制動表示機能)や、タイトコーナーでの駆動性能を向上させる「電子制御式Q2機能新機構」を採用。安全性に配慮がなされた。各種メンテナンスをまかなう「アルファロメオ・メンテナンスプログラム・スタンダードケア」も無料で与えられる。

各モデルの価格は以下のとおり。(カッコ内は限定販売台数)

・アルファ147 2.0ツインスパーク・セレスピード・ホワイトエディション
(100台):350.0万円
・アルファGT 2.0JTS セレスピード・ホワイトエディション
(30台):400.0万円
・アルファ・スパイダー 2.2JTS セレスピード・ホワイトエディション
(10台):530.0万円
・アルファ・ブレラ 3.2JTS Q4 Qトロニック・ホワイトエディション
(20台):610.0万円

(webCG 依田)

アルファ・ブレラ 3.2JTS Q4 Qトロニック・ホワイトエディション
アルファ・ブレラ 3.2JTS Q4 Qトロニック・ホワイトエディション 拡大

アルファ・ロメオ、白いボディに赤内装の特別仕様車の画像 拡大
アルファGT 2.0JTSセレスピード・ホワイトエディション
アルファGT 2.0JTSセレスピード・ホワイトエディション 拡大
アルファ147 2.0ツインスパーク・セレスピード・ホワイトエディション
アルファ147 2.0ツインスパーク・セレスピード・ホワイトエディション 拡大

関連キーワード:
アルファ147, アルファ スパイダー, アルファ ブレラ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ アルファ147 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
ホームへ戻る