「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更

2012.11.28 自動車ニュース

「キャデラックSRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年11月28日、「SRXクロスオーバー」の改良モデルを発表した。ベーシックグレード「SRXクロスオーバー ラグジュアリー」が2013年1月12日に、上級グレードの「SRXクロスオーバー プレミアム」は2013年3月に発売される。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルをよりシャープなデザインに変更したほか、レーダーやカメラなどを使用した安全装備を新たに導入。また、「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」と呼ばれる、情報・エンターテインメントシステムを操作する統合的なコントロールロジックを採用した。

衝突回避および被害軽減を目的とする安全装備では、車両後方を横切る車両や人を感知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(後退時安全確認警告機能)」、死角にいる車両を警告する「サイド・ブラインドゾーン・アラート」を全グレードに標準で装備。
さらに、上級グレードの「プレミアム」には、「アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従機能)」「フォワード・コリジョン・アラート(前方衝突事前警告機能)」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告機能)」「フロント&リア・オートマチック・ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ、前進/後退)」と、これらの警告をシートが振動することで知らせる「セーフティ・アラート・ドライバーシート(警告振動機能付き)」が搭載される。

iPodなどの音楽プレーヤーや携帯電話がBluetoothで接続できる「CUE」は、ステアリングホイールに設けられたスイッチのほか、インストゥルメントパネルの8インチモニターで操作が可能。手を近づけるだけで表示が変わる「近接検知」や、操作を振動で伝える「触覚フィードバック」などを採用する。
また、雑音を逆位相の音によって打ち消す技術「アクティブ・ノイズ・キャンセレーション」も備える。

搭載されるエンジンはこれまで通りレギュラーガソリン仕様の3リッターV6。269psと30.8kgmのスペックに変更はなく、6段ATと電子制御4WDシステムが組み合わされる。

価格は「キャデラックSRXクロスオーバー ラグジュアリー」が499万円。「キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム」が625万円。

(文と写真=工藤考浩)

「キャデラックSRXクロスオーバー」
「キャデラックSRXクロスオーバー」 拡大

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像 拡大

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像 拡大

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像 拡大

関連キーワード:
SRXクロスオーバー, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック SRXクロスオーバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード スポーツ 2021.1.17 画像・写真 新型「キャデラック・エスカレード」が日本初公開された。5代目にあたる今回のモデルは、リアサスペンションを独立懸架とするなど設計を刷新。湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備も多数採用されている。キャデラック自慢のフルサイズSUVを写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLS580 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.17 試乗記 「メルセデス・ベンツGLS」は単なる高級車にあらず! いや、第一級のラグジュアリーSUVであるのは当然として、凝りに凝ったアイテムによる高い悪路走破性も隠し持っているのだ。ラグジュアリーなオフローダーの仕上がりやいかに!?
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る