「スバル・ステラ」改良、スーパーチャージャー仕様がお求めやすく

2008.11.05 自動車ニュース

「スバル・ステラ」改良、スーパーチャージャー仕様がお求めやすく

富士重工業は、「スバル・ステラ」に一部改良を施し、2008年11月4日に発売した。

■強心臓なベーシックモデル

今回の改良におけるポイントは、新グレード「LS」の追加。それまで上級仕様(ステラカスタム/ステラリベスタ)のみにしか設定がなかったスーパーチャージャー付きDOHCエンジンをベーシックなステラに搭載したグレードで、低価格でありながら力強い走りを堪能できるのが自慢だ。

マニュアルエアコン、オーディオレス仕様となるが、タコメーター付きのアクティブメーターやフロントサイド/リア全面のUVカットガラス、カラードリアバンパー、フロントスタビライザーなどは標準で装備される。

ステラも2006年6月の販売開始から2年余りが経過。「LS」は、その間人気だったオプションや仕様を反映した結果だという。

価格は、FFが114万9750円、4WDは125万8950円。なお、LSの他にも、これまで特別仕様車扱いだった「Rリミテッド」と「リベスタS」がカタログモデルに“昇格”した。

■後席シートベルトを簡単装着

ステラシリーズに施されたそのほかの変更点は、自立式のリアシートベルトアンカーが全車に標準装備となり後席のシートベルト装着が容易になったことと、LED間接照明やマップライト、ルームランプ、小物入れが採用された(カスタム系/リベスタ系)ことが挙げられる。

また新たなボディ色として「ラピスブルーパール」「スターリングシルバーメタリック」「モカブロンズパールメタリック」の3色が追加された。ステラ9色、ステラカスタム8色、ステラリベスタ5色でそれぞれラインナップする。

(webCG 曽宮)

ステラ カスタムRリミテッド
ステラ カスタムRリミテッド 拡大
ステラLS
ステラLS 拡大
ステラLS
ステラLS 拡大
ステラ リベスタS
ステラ リベスタS 拡大
オーバーヘッドコンソール
オーバーヘッドコンソール 拡大

関連キーワード:
ステラ, スバル, 自動車ニュース

スバル ステラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)【試乗速報】 2006.6.27 試乗記 スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)
    ……110万4600円/152万2500円

    軽自動車のスタンダードとなったハイトワゴンが、ようやくスバルからも登場した。「ワゴンR」「ムーヴ」「ライフ」と強力なライバルが居並ぶ中で、「ステラ/ステラカスタム」が激戦区で戦うための武器とはいかなるものか。


  • スバル・ステラカスタムR(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2006.10.17 試乗記 ……132万3000円円
    総合評価……★★★★

    デザインを全面に押し出した「R1」「R2」で勝負に出たスバル。しかし市場の反応は芳しくなく、あわててスペースユーティリティ重視の「ステラ」を投入することになった。数多いライバルたちに勝てる実力はあるのか?


  • 「スバル・ステラ」改良、スーパーチャージャー仕様がお求めやすく 2008.11.5 自動車ニュース 富士重工業は、「スバル・ステラ」に一部改良を施し、2008年11月4日に発売した。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る