「ルノー・カングー」に2DINナビ付きの限定車

2012.01.06 自動車ニュース

「ルノー・カングー」に2DINナビ付きの限定車

ルノー・ジャポンは2012年1月6日、多目的車「カングー」に2DINカーナビ付きの特別仕様車「Navi-Line(ナビライン)」を設定し、発売した。

「カングー ナビライン」は、「カングー」のオートマチック車をベースに、パイオニア製2DIN SDナビゲーション(7.0V型ワイドVGA液晶、地上デジタルTVチューナー、CD、DVD、iPod/iPhone、USBメモリー再生対応)、ボディー同系色専用ナビゲーションフェイスパネル、ナビゲーション連動ETCユニットなど、総額23万1000円相当の装備を付加した、100台限定の特別仕様車だ。

ボディーカラーは、ジョン アグリュムとブルー アルジョンM(メタリック)の2色。各50台が販売される。

なお同車には専用オプションとして、専用の生地やボディー同系色の縁ステッチおよびネーム刺しゅうを採用したフロアマット(2万4150円)とリアラゲッジマット(エクステンションセット付き・1万7850円)が設定される。

価格は、ベース車プラス15万円の244万8000円。

(webCG 曽宮)

「ルノー・カングー ナビライン」。ボディーカラーはジョン アグリュム。
「ルノー・カングー ナビライン」。ボディーカラーはジョン アグリュム。 拡大
※実際に装着されるカーナビは、パイオニア製となります。
※実際に装着されるカーナビは、パイオニア製となります。 拡大
ボディーカラーはブルー アルジョンM。
ボディーカラーはブルー アルジョンM。
拡大

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • KANGOOでGO!NEW 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • ホンダが「シビック タイプR」マイナーチェンジモデルの発売を延期 2020.6.25 自動車ニュース 本田技研工業は2020年6月25日、同年夏に予定していた「シビック タイプR」のマイナーチェンジモデルの発売を延期すると発表した。理由については「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生産活動への影響」と説明されている。
ホームへ戻る