「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

2008.07.23 自動車ニュース

「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

ヒュンダイモータージャパンは、コンパクトハッチバック「i30」(アイサーティ)を2008年7月19日に発売した。

i30」は、「エラントラ」の後継となるモデルだ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4245×1775×1480mm、ホイールベース=2650mm。いわゆるCセグメントに属するハッチバックで、「トヨタ・オーリス」「マツダ・アクセラ」「フォルクスワーゲン・ゴルフ」などが直接のライバルとなる。

日本に導入されるのは、1.6リッター直4ユニット(126ps/6300rpm、15.6kgm/4200rpm)を搭載する「1.6GL」と、2リッター版(143ps/6000rpm、19.0kgm/4600rpm)の「2.0GLS」。どちらもレギュラーガソリン仕様で、トランスミッションは4段ATを組み合わせる。

「単に性能やスペック競争をするのではなく、愛着のあるハッチバックを目指した」という同車は装備面も自慢で、フルオートエアコン、キーレスエントリーシステム、iPod接続機能付きのプレミアムサウンドシステムなどが標準で備わる。

さらに、エアバッグは標準で6つ(フロント+サイド+カーテンエアバッグの左右ペア)。フロントアクティブヘッドレストを備え、後席シートベルト着用義務化にともない全席を着用警告付きとするなど、安全にも配慮された。

価格は、「1.6GL」が177万4500円で、「2.0GLS」が207万9000円。銀、青、赤、黒系の4色でラインナップする。

(webCG 関)

写真は2007年10月、東京モーターショーに登場したときの「i30」。
写真は2007年10月、東京モーターショーに登場したときの「i30」。

「ヒュンダイi30」、日本で販売開始の画像
「i30」のインプレッションはコチラから
「i30」のインプレッションはコチラから

関連キーワード:
i30, ヒュンダイ, 自動車ニュース

ヒュンダイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヒュンダイ i30(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2008.4.7 試乗記 ……1905万ウォン(本国価格)
    総合評価……★★★

    既に欧州で好評が伝えられる、ヒュンダイの新型コンパクト「i30」。日本市場への導入が予定される2リッターモデルの実力を試した。
  • 2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う? 2020.3.25 デイリーコラム 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続いて「アウディA3スポーツバック」の新型が登場した。ともにグループ内でCセグメントハッチバックの基幹車種と呼べるモデルだが、ブランドヒエラルキーのもとでどのような差がつけられているのだろうか。細かくチェックした。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
ホームへ戻る