「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

2008.07.23 自動車ニュース

「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

ヒュンダイモータージャパンは、コンパクトハッチバック「i30」(アイサーティ)を2008年7月19日に発売した。

i30」は、「エラントラ」の後継となるモデルだ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4245×1775×1480mm、ホイールベース=2650mm。いわゆるCセグメントに属するハッチバックで、「トヨタ・オーリス」「マツダ・アクセラ」「フォルクスワーゲン・ゴルフ」などが直接のライバルとなる。

日本に導入されるのは、1.6リッター直4ユニット(126ps/6300rpm、15.6kgm/4200rpm)を搭載する「1.6GL」と、2リッター版(143ps/6000rpm、19.0kgm/4600rpm)の「2.0GLS」。どちらもレギュラーガソリン仕様で、トランスミッションは4段ATを組み合わせる。

「単に性能やスペック競争をするのではなく、愛着のあるハッチバックを目指した」という同車は装備面も自慢で、フルオートエアコン、キーレスエントリーシステム、iPod接続機能付きのプレミアムサウンドシステムなどが標準で備わる。

さらに、エアバッグは標準で6つ(フロント+サイド+カーテンエアバッグの左右ペア)。フロントアクティブヘッドレストを備え、後席シートベルト着用義務化にともない全席を着用警告付きとするなど、安全にも配慮された。

価格は、「1.6GL」が177万4500円で、「2.0GLS」が207万9000円。銀、青、赤、黒系の4色でラインナップする。

(webCG 関)

写真は2007年10月、東京モーターショーに登場したときの「i30」。
写真は2007年10月、東京モーターショーに登場したときの「i30」。

「ヒュンダイi30」、日本で販売開始の画像
「i30」のインプレッションはコチラから
「i30」のインプレッションはコチラから

関連キーワード:
i30, ヒュンダイ, 自動車ニュース

ヒュンダイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 全車が3列7人乗り仕様に 新型「メルセデス・ベンツGLE」発売 2019.6.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年6月19日、新型「メルセデス・ベンツGLE」を導入すると発表し、同日、注文受け付けを開始した。内外装デザインやパワートレインなどを刷新したほか、日本仕様では全車が3列目シートを搭載した7人乗りとなった。
  • パリモーターショー2018(テスラ/ホンダ/ヴィンファスト) 2018.10.4 画像・写真 パリモーターショー2018の会場から、ベトナムの自動車メーカー、ヴィンファストの2モデルや、電気自動車の「テスラ・モデル3」、「ホンダ・シビック タイプR」の姿を写真で紹介する。
  • デトロイトショー2017(その9) 2017.1.17 画像・写真 フォルクスワーゲンは北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月22日まで)で、電気自動車のコンセプトカー「I.D. BUZZ」などを公開した。その姿を画像で紹介する。
  • パリモーターショー2016の会場から(その5) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。ルノーは、EVコンセプトカーの「TREZOR(トレゾア)」を公開した。また、航続距離を300km以上に改善したEV「ZOE(ゾエ)」のマイナーチェンジモデルや、新型「コレオス」も展示した。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る