スズキ「ジムニー」「ジムニーシエラ」に2トーンカラーの特別仕様車

2008.06.06 自動車ニュース

スズキ「ジムニー」「ジムニーシエラ」に2トーンカラーの特別仕様車

スズキは2008年6月5日、4WDの「ジムニー」と「ジムニーシエラ」に、専用装備などを与えた特別仕様車「ランドベンチャー」を設定し発売した。同時に、ジムニーシリーズのエンジンに改良も加えられた。

「ランドベンチャー」は、専用のフロントバンパーや、本革&ファブリックのフロントシートなどが与えられた特別仕様車。LEDサイドターンランプ付きドアミラーや、「LAND VENTURE」ロゴ入りのスペアタイヤハウジング、専用ドアエンブレムも付与される。

車体色はオリーブグレーメタリック、ノクターンブルーパールを含む全4色で、下部がグレーの2トーンに塗装される。
価格は「ジムニー ランドベンチャー」が150万8850円(5MT)と161万7000円(4AT)、「ジムニーシエラ ランドベンチャー」が164万5350円(5MT)と175万3500円(4AT)。

なお、特別仕様車の設定と同時に、ジムニーのエンジンにはシリンダーヘッドの改良が加えられた。最高出力、最大トルクなどは変わらないものの、加速感と扱いやすさ向上を果たしたと謳われる。シルバーのスペアタイヤハーフカバーが、ジムニー/ジムニーシエラに採用されたことも新しい。

(webCG 本諏訪)

「ジムニー ランドベンチャー」
「ジムニー ランドベンチャー」
「ジムニー ランドベンチャー」のフロントシート。前席にはシートヒーターも特別に採用される。
「ジムニー ランドベンチャー」のフロントシート。前席にはシートヒーターも特別に採用される。
「ジムニーシエラ ランドベンチャー」
「ジムニーシエラ ランドベンチャー」

関連キーワード:
ジムニー, ジムニーシエラ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ジムニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
ホームへ戻る