「スカイラインクーペ」に55台限定の特別仕様車

2012.02.10 自動車ニュース

「スカイラインクーペ」に55台限定の特別仕様車

日産自動車は2012年2月10日、「スカイラインクーペ」に特別仕様車「55th Limited」を設定し、55台限定で発売した。

今回発売する「55th Limited」は、スカイラインの誕生55周年を記念した特別限定車だ。

3.7リッターV6エンジンを搭載した上級グレード「370GT Type SP」(AT車/MT車)と標準グレード「370GT Type P」に、専用ボディーカラー「ガーネットブラック(パール)」を設定。インテリアには、アニバーサリーブリリアントレッドの本革シートを採用。前席にはシートヒーターが備わり、55周年記念刺しゅうが施される。

55台の限定販売となり、受付は2013年4月30日受注分まで。それ以前に55台の受注があれば、その時点で受付終了となる。

価格は以下のとおり。いずれもベース車より10万5000円高となる。
・370GT Type SP 55th Limited(7AT):512万4000円
・370GT Type SP 55th Limited(6MT):501万9000円
・370GT Type P 55th Limited(7AT):464万1000円

(webCG ワタナベ)

「スカイラインクーペ 370GT Type SP 55th Limited」
「スカイラインクーペ 370GT Type SP 55th Limited」 拡大
 
「スカイラインクーペ」に55台限定の特別仕様車の画像 拡大
 
「スカイラインクーペ」に55台限定の特別仕様車の画像 拡大

関連キーワード:
スカイラインクーペ, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • 「レンジローバー」の2021年モデル受注開始 特別なアイテムを装着した限定車も 2020.9.11 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年9月11日、ラグジュアリーSUV「ランドローバー・レンジローバー」の2021年モデルを導入すると発表。同日、受注を開始した。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
ホームへ戻る