「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】

2012.02.20 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】「フィアット500」のワゴンモデルが登場

伊フィアットは、2012年3月6日のプレスデイで開幕するジュネーブモーターショーで、「500」シリーズの新型5ドアワゴン「500L」を発表する。

「フィアット500」シリーズに新しい仲間が加わる。「500L」は、Bセグメントと呼ばれる全長4メートル級の小型車クラスで、ベンチマークとなる快適性と最大級の居住性を目指した5ドアワゴンだ。「ミニバン並みの室内空間、小型SUVの存在感、そしてBセグメント車としてのコンパクトさを併せ持つモデル」とうたわれる。

スタイリングは、フィアットの社内デザイン部門である「チェントロ・スティーレ・フィアット」が手がけた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=414×178×166cm。乗員スペースだけでなく荷室容量も400リッターと広く、5個のスーツケースあるいはフルサイズのストローラー(ベビーカー)が収納可能という。シートアレンジの多彩さも自慢で、8種類のモードを作り出すことができる。また、このクラス最大のグラスルーフが用意されるのも見どころのひとつ。さらに、このクラスでは異例ともいえる30種類以上ものボディーカラーが用意される予定だ。生産は、セルビアのクラグイェヴァツ工場で行われる。

エンジンラインナップは、0.9リッター直列2気筒のツインエア、1.4リッター直4ガソリン、および1.3リッター直4マルチジェットディーゼルの3種類。顧客へのデリバリーは2012年の第4四半期が予定されている。

(webCG 竹下)

「フィアット500L」
「フィアット500L」 拡大

「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大

「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大

「フィアット500」のワゴンが登場【ジュネーブショー2012】の画像 拡大

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る