フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場

2012.02.23 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に「R-Line」が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年2月23日、「ティグアン」に新グレード「R-Line」を追加し、販売を開始した。

「ティグアンR-Line」は、エアロパーツなどの外装パーツや専用内装により、スポーティーな雰囲気が高められたドレスアップモデルだ。エンジンは、既存の「スポーツ&スタイル」と同じ2リッター直噴ターボ(179ps、28.6kgm)を搭載する。

エクステリアには、専用の大型フロントバンパー、「R-Line」ロゴ入りエンブレム、ボディー同色のサイドスカート、大型リアバンパー、リアスポイラーなどが装備される。タイヤは「スポーツ&スタイル」が235/55R17サイズであるのに対し、「R-Line」では255/40R19に変更され、これを専用のフェンダーアーチが包み込む。そのため、全幅は55mm広い、1865mmとなる。

専用のファブリックシートや3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターも見どころ。このほかスポーツサスペンション、バイキセノンヘッドライト、ドライバーの疲労を検知して休憩を促す「ドライバー疲労検知システム」、4WDシステム「4MOTION」なども標準で装備される。

価格は、「スポーツ&スタイル」の389万円に対し、「R-Line」は426万円となる。

(webCG 曽宮)


フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場の画像 拡大

フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場の画像 拡大

フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場の画像 拡大
「ティグアンR-Line」の10・15モード燃費は11.6km/リッターで、「SPORT&STYLE」と同値。
「ティグアンR-Line」の10・15モード燃費は11.6km/リッターで、「SPORT&STYLE」と同値。
拡大

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.18 試乗記 今一番ホットなコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンが満を持して投入した「Tクロス」。ファッショナブルなルックスや多彩な内外装色設定、機能的な荷室やキャビンなど数多くの特徴を掲げる最新モデルの仕上がりを、長距離試乗で確かめた。
  • フォルクスワーゲンの2021年ニューモデル導入計画が明らかに 2021.2.9 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年2月9日、オンライン発表会を開催。同年予定している新型「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」、改良型「パサート」「アルテオン」の導入プランを明らかにした。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル【試乗記】 2021.1.30 試乗記 フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」の特別仕様車「Rライン ブラックスタイル」に試乗。ディーゼルエンジン+4WDのパワートレインと、こだわりのアイテムでコーディネートされた個性的なエクステリアの仕上がりをチェックした。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
ホームへ戻る