ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売

2012.02.23 自動車ニュース

ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売

ルノー・ジャポンは2012年2月23日、コンパクトハッチ「ルーテシア」のラインナップを新グレード「ナイト&デイ」に集約し、同日に発売した。

「クリオ3」こと現行型の「ルーテシア」も、2005年の登場からもうすぐ7年。今年秋のパリ・サロンで新型が登場すると予想されている。

これまでルノー・ジャポンは、1.6リッターのベーシックモデル「1.6」(MT/AT)と、2リッターのハイパフォーマンスモデル「ルノースポール」(すでに販売終了)の、2種類の「ルーテシア」を扱っていたが、今回、そのラインナップの整理を実施。「1.6」を基本に内外装に手を加え、トランスミッションを4段ATのみとした「ナイト&デイ」に一本化した。

「ナイト&デイ」の外装は、新デザインの16インチホイールをはじめ、メタル調カラーのドアミラー/グリル下部バーなどでドレスアップ。内装は、サイドサポート付きファブリック表皮シート、ピアノブラックのセンターパネル/ドアハンドル・ガーニッシュなどで、シックな雰囲気が演出されている。オートライト、フロント雨滴感知式オートワイパーなど、機能装備も与えられる。

ボディーカラーはホワイト(ブラン グラシエ)やブラック(ノワール ナクレメタリック)などの全6色。ハンドル位置は右のみ用意され、価格は214万8000円となる。

(文と写真=岩尾信哉)

「ルノー・ルーテシア ナイト&デイ」
「ルノー・ルーテシア ナイト&デイ」 拡大

ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売の画像 拡大
インテリアの様子。ハンドル位置は、右のみとなる。
インテリアの様子。ハンドル位置は、右のみとなる。 拡大
フロントシートの背もたれには、ごらんのような刺しゅうが施される。
フロントシートの背もたれには、ごらんのような刺しゅうが施される。 拡大

ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売の画像 拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • 2021年1月1日付で「ルノー・トゥインゴ」の車両本体価格が値上げに 2020.12.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは「トゥインゴ」の車両本体価格を、2021年1月1日付で改定すると発表した。対象となるのは「トゥインゴEDC」(新価格204万5000円)および「トゥインゴS」(同181万5000円)で、「トゥインゴEDCキャンバストップ」の価格は据え置きとなっている。
ホームへ戻る