ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売

2012.02.23 自動車ニュース

ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売

ルノー・ジャポンは2012年2月23日、コンパクトハッチ「ルーテシア」のラインナップを新グレード「ナイト&デイ」に集約し、同日に発売した。

「クリオ3」こと現行型の「ルーテシア」も、2005年の登場からもうすぐ7年。今年秋のパリ・サロンで新型が登場すると予想されている。

これまでルノー・ジャポンは、1.6リッターのベーシックモデル「1.6」(MT/AT)と、2リッターのハイパフォーマンスモデル「ルノースポール」(すでに販売終了)の、2種類の「ルーテシア」を扱っていたが、今回、そのラインナップの整理を実施。「1.6」を基本に内外装に手を加え、トランスミッションを4段ATのみとした「ナイト&デイ」に一本化した。

「ナイト&デイ」の外装は、新デザインの16インチホイールをはじめ、メタル調カラーのドアミラー/グリル下部バーなどでドレスアップ。内装は、サイドサポート付きファブリック表皮シート、ピアノブラックのセンターパネル/ドアハンドル・ガーニッシュなどで、シックな雰囲気が演出されている。オートライト、フロント雨滴感知式オートワイパーなど、機能装備も与えられる。

ボディーカラーはホワイト(ブラン グラシエ)やブラック(ノワール ナクレメタリック)などの全6色。ハンドル位置は右のみ用意され、価格は214万8000円となる。

(文と写真=岩尾信哉)

「ルノー・ルーテシア ナイト&デイ」
「ルノー・ルーテシア ナイト&デイ」 拡大

ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売の画像 拡大
インテリアの様子。ハンドル位置は、右のみとなる。
インテリアの様子。ハンドル位置は、右のみとなる。 拡大
フロントシートの背もたれには、ごらんのような刺しゅうが施される。
フロントシートの背もたれには、ごらんのような刺しゅうが施される。 拡大

ルノー、「ルーテシア ナイト&デイ」を新発売の画像 拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • 導入は2020年前半 新型「ルノー・ルーテシア」が日本初お披露目【東京モーターショー2019】 2019.10.24 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2019年10月23日に開幕した第46回東京モーターショー2019において、2020年前半に国内導入を予定している新型「ルーテシア」を国内初公開した。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る