【東京モーターショー2005プレビュー】1.5リッターの小型本格SUV「ダイハツ・ビーゴ」は市販近し!』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ビーゴCX(FR/4AT)/トヨタ・ラッシュX(4WD/4AT)【試乗速報】 2006.2.2 試乗記 ダイハツ・ビーゴCX(FR/4AT)/トヨタ・ラッシュX(4WD/4AT)
    ……224万7000円/223万9650円

    トヨタとダイハツの共同開発となるコンパクトSUV「ラッシュ/ビーゴ」がデビューした。既存モデルが巨大化していく中、扱いやすいサイズで高い視点がウリとなるモデルに試乗した。


  • トヨタ・ラッシュX (4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2006.4.20 試乗記 ……223万9650円
    総合評価……★★★

    ライトクロカンとしてのポテンシャルを秘めた「トヨタ・ラッシュ」。CMのとおり見晴らしは抜群、車内も広い。ではその弱点というと……。


  • トヨタ・ラッシュのライバル車はコレ【ライバル車はコレ】 2006.6.6 試乗記 トヨタ・ラッシュの「ライバル車はコレ」

    トヨタとダイハツが共同開発したコンパクトSUV「トヨタ・ラッシュ」。高いアイポイントとワイドな視界をウリとする、街乗りヨンクを、2台のコンパクトカーと比較する。


  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
ホームへ戻る