「ダイハツ・アルティス」新たなデザインで発売』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ、4ドアセダンの「アルティス」を一部改良 2018.8.1 自動車ニュース ダイハツがハイブリッドセダン「アルティス」を一部改良。低速走行時の不意の衝突事故を防ぐ「インテリジェントクリアランスソナー」を標準装備としたほか、新たにLEDウインカー付きのリモコンカラードドアミラーを採用した。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
  • トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2011.10.12 試乗記 トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)
    ……350万750円

    ミドル級セダン「トヨタ・カムリ」の8代目がデビュー。新たなハイブリッドシステムを手に入れた、新型の走りや乗り心地をリポートする。
  • ホンダが新型「アコード」の情報をホームページで先行公開 2020年初めに国内導入を予定 2019.8.2 自動車ニュース 新型は、ロー&ワイドで流麗なエクステリアデザインと、ゆとりある室内空間がセリングポイント。リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているという。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
ホームへ戻る