フランクフルトショー2015の会場から(その2)

2015.09.16 画像・写真

独ダイムラーは2015年9月15日に開幕したフランクフルトショーで4ドアクーペ「コンセプトIAA」を披露した。同じくワールドプレミア(世界初公開)となる「Sクラス カブリオレ」や、「GLK」の後継モデル「GLC」なども併せて画像で紹介する。(コンセプトIAAの関連記事はこちら)

新型「Eクラス」の姿こそ見られなかったものの、メルセデス・ベンツのブースは話題にあふれており、4ドアクーペのコンセプトIAAを始め、Sクラス カブリオレ、GLC、「Cクラス クーペ」などが公開された。

メルセデス・ベンツにとって久々の(1971年の「280SE 3.5カブリオレ」以来とか)4シーター・ラグジュアリーオープンカーとなるSクラス カブリオレは、マルチレイヤーのソフトトップを備え、0.29という優れたCd値も手伝って「世界で最も静かなコンバーチブル」とうたわれる。トップの開閉に要する時間はそれぞれ約20秒。60km/hまでなら走行中に作動させることができる。ボディーのスリーサイズは全長5027×全幅1899×全高1417mm。4.7リッターV8ツインターボエンジン(455ps)を搭載する「S500カブリオレ」と、5.5リッターV8ツインターボ(585ps)の「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」が展示された。

その他、2015年5月に改良を受け、ヨーロッパのユーロ6排ガス規制に対応した「Gクラス」(写真は4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「G500」)や、快適性とスポーツ性が同時に高められたという「Aクラス」のマイナーチェンジモデルも展示された。(写真=webCG取材チーム)

→「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」の詳しい画像はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • メルセデスAMG C63 S(FR/9AT)/AMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.17 試乗記 急速にラインナップを充実させつつある、メルセデスのハイパフォーマンスブランドAMG。その中核を占める2台のスーパーセダン「C63 S」「E63 S 4MATIC+」にサーキットでむちをあて、日常走行ではわからない実力に触れた。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • メルセデス・ベンツS300hエクスクルーシブ(FR/7AT)【試乗記】 2015.11.9 試乗記 「Sクラス」のエントリーモデルにして、日本市場初のディーゼルハイブリッド車「メルセデス・ベンツS300h」に試乗した。ディーゼルエンジンとモーターが織りなす走りは、最上級サルーンにふさわしいパワーとマナーを備えているのだろうか。
ホームへ戻る