アストンマーティン・ヴァルキリー

2017.10.04 画像・写真

アストンマーティン・ジャパンは2017年10月4日、少量生産のスペシャルモデル「ヴァルキリー」の内外装を日本初公開した。

ヴァルキリーはアストンマーティンがレッドブル・レーシングとともに開発を進めている高性能スポーツモデルである。自然吸気の6.5リッターV12エンジンをミドシップ搭載しており、約1tという軽量なボディーとも相まって、パワー・ウエイト・レシオは1㎏/psとうたわれている。開発は同社ヴァイスプレジデントのマレック・ライヒマン氏いわく「現段階で95%」とのこと。納車時期は2019年を予定している。

価格は「およそ200万~250万ポンド(3億~3億7500万円)」(ライヒマン氏)。生産台数は世界限定150台で、日本でも11台の受注を得ているという。

(webCG)

 

あなたにおすすめの記事
新着記事