「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」の会場から

2018.10.03 画像・写真

マツダのファンイベント「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」が2018年9月23日、静岡県小山町の富士スピードウェイで開催された。

このイベントは、マツダのクルマづくりへのこだわりを学んだり、つくり手と直接ふれあったりできる体験の場として日本各地で行われている「Be a driver. Experience」の特別版といえるものだ。初開催は2016年で、今回が2回目となる。

その内容はまさに盛りだくさん。伝説のレーシングカーによるデモンストレーションランやユーザー参加のパレードランといったサーキットコースならではのコンテンツをはじめ、「人馬一体体験」や「先進安全装備体験」といった体験コーナー、次世代技術やデザインについての講演会、ヒストリックカーや最新モデルの展示など、富士スピードウェイの広大な敷地を活用したさまざまなコンテンツが豊富に用意された。

今年も全国各地から約4800人が来場。場内を埋め尽くしたマツダ車は、マツダを代表する「RX-7」や「ロードスター」といったスポーツカーに限らず、「アクセラ」や「CX-5」などの多種多様なモデルが集結、特に2017年末にデビューしたばかりの「CX-8」が続々と来場するなど、熱心なマツダファンが参加していることを感じた。マツダ技術者とファンが交流を深め、クルマの楽しさを語り合った一日の模様をお伝えしよう。

(文と写真=大音安弘)