【オートモビル カウンシル2020】レーシングカーの公道バージョン「マクラーレン620R」日本初公開』の記事ページへ戻る
マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • マクラーレンが「GT」の一部オプションを無償化 価格を2695万円に改定し発売 2020.8.4 自動車ニュース マクラーレンがミドシップスポーツカー「GT」の価格を2695万円に改定。インテリアのトリムオプションの無償化や、3年間のメンテナンスフリーパックの導入などに伴うもので、値上げ幅は50万円となっている。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • ランボルギーニのV12ハイブリッドオープンモデル「シアン ロードスター」登場 2020.7.9 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2020年7月8日(現地時間)、同社初となる市販V12ハイブリッドスーパーカー「Sián(シアン)FKP 37」のオープンモデル「シアン ロードスター」を発表した。台数19台の限定生産で、すでに全車完売となっている。
ホームへ戻る