ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

2007.04.12 自動車ニュース

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

光岡自動車は2007年4月12日、フラッグシップセダン「ガリュー」のオープンバージョンとして「ガリューコンバーチブル」を発表。翌13日から販売を開始する。

■ベースは「マスタングコンバーチブル」

「ミツオカ・ガリュー(我流)」は、1996年2月にラインナップに加わった、クラシックデザインを纏うセダン。初代は「日産クルー」、2代目は「日産セドリック」をベースとし、現行モデルは「日産フーガ」に手を加えて作られる。

しかし今回登場した「ガリューコンバーチブル」はフーガではなく、「フォード・マスタングコンバーチブル」がベースとして選ばれた。

全長×全幅×全高=4830×1870×1400mmと、若干ストレッチされたボディはベース車同様に4シーターとなり、電動で開閉するソフトトップを備える。

機関面はマスタングコンバーチブルに準じ、エンジンは4.6リッターV8 SOHC(304ps、44.2kgm)と4リッターV6 SOHC(213ps、33.1kgm)を用意。4リッターのマスタングはフォードジャパンにラインナップされていないモデルだが、輸入業も営む光岡自動車がベース車をアメリカから直接調達しているという。
どちらも5段ATが組み合わせられ、ステアリング位置は左のみ。

ボディカラーはホワイト、レッド、ブラックの3色で、内装色はブラックかレッドとなる。価格は、V8が777.0万円、V6は672.0万円。完全受注生産になるため、納車までに3ヶ月ほどの期間を要する。

(webCG 本諏訪)


ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

関連キーワード:
ガリューコンバーチブル, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 光岡自動車の創業50周年記念モデル 「ミツオカ・ロックスター」がラインオフ 2019.7.24 自動車ニュース 光岡自動車は2019年7月23日、富山県富山市の同社工場において、新型車「ロックスター」のラインオフセレモニーを開催した。第1号車を購入したオーナーが招待され、光岡章夫社長や従業員らとともにラインオフの瞬間に立ち合った。
  • 安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開 2018.12.6 自動車ニュース 光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。ボディーカラーの選択肢がこれまでの7色から最大30色に拡大されるとともに、安全装備の充実が図られている。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.19 試乗記 フランス発のプレミアムブランドDSがリリースした、新しいコンパクトSUV「DS 3クロスバック」。かの地における芸術の歴史と文化をクルマという形で体現したとされるニューモデルは、似るもののない孤高の存在に仕上がっていた。
  • 「ミツオカ・ロックスター」発表会の会場から 2018.11.29 画像・写真 光岡自動車の創業50周年を記念して製作される、200台限定のオープンスポーツカー「ミツオカ・ロックスター」。その発表会が東京・港区のミツオカ麻布ショールームで開催された。往年のアメリカ車を思わせる個性的な姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る