ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

2007.04.11 自動車ニュース

ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

ダイムラークライスラー日本は2007年4月11日、ダッジブランドの日本上陸を発表するとともに、「キャリバー」「ナイトロ」「アベンジャー」「チャージャー」の4車種を発売することをアナウンスした。2007年6月より順次発売される予定。
なお、ダッジ車の販売ディーラーは従来の「クライスラー・ジープ」販売店となり、名称も「クライスラー・ジープ・ダッジ」と改められる。

6月より販売されるのは以下の4車種。

■SUVライクな5ドアハッチ「キャリバー」

全長×全幅×全高=4415×1800×1535mmというディメンションの5ドアハッチバック。シートポジションが高く、SUVに近いプロポーションを持つのが特徴。前後オーバーハングを抑えることで、高い居住性も確保された。
搭載する2リッターエンジンに組み合わせられるのは、6段のマニュアルモードがついたCVT。

■チェロキーの兄弟車「ナイトロ」

次期「ジープ・チェロキー(リバティ)」と基本コンポーネンツを同じくし、ダッジデザインである十字グリルを備えるのが「ナイトロ」。3.7リッターV6 SOHCエンジンを搭載、パートタイムの4WDシステムを採用する。

■アグレッシブデザインのFFセダン「アベンジャー」

ダッジの十字グリルやブラックアウトされたBピラーなどでアクセントを与えられ、リアドア部分にキックアップさせるなど、アグレッシブなデザインを採り入れた4ドアセダン。前輪を駆動させるのは2.7リッターのV6エンジン。4輪独立懸架サスペンションを採用する、新しいプラットフォームを採用したと謳われる。

■現代のマッスルカー「チャージャーSRT8」

NASCARでも活躍する、スポーティセダンが「チャージャー」。日本には、クライスラーやジープブランドにも存在するハイパフォーマンスバージョン「SRT(ストリートアンドレーシングテクノロジー)」が投入される。6.1リッターのHEMIエンジンは431psを発生、0-100km/h加速は5秒というパフォーマンスをみせるという。

(webCG 本諏訪)

発売予定の4車種を前に、「ダッジは生活を楽しむ人たち向けのクルマ」と発表会でコメントした、ダイムラークライスラー日本クライスラー部門の、クリストファー・エリス代表取締役副社長。
発売予定の4車種を前に、「ダッジは生活を楽しむ人たち向けのクルマ」と発表会でコメントした、ダイムラークライスラー日本クライスラー部門の、クリストファー・エリス代表取締役副社長。
「ダッジ・キャリバー」
「ダッジ・キャリバー」
「ダッジ・ナイトロ」
「ダッジ・ナイトロ」
「ダッジ・アベンジャー」
「ダッジ・アベンジャー」
「ダッジ・チャージャーSRT8」
「ダッジ・チャージャーSRT8」

関連キーワード:
チャージャー, キャリバー, ナイトロ, ダッジ, 自動車ニュース

ダッジ チャージャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【海外試乗記(後編)】 2007.8.17 試乗記 ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)

    6.1リッターのHEMIエンジンを搭載する「ダッジ・チャージャーSRT8」。431psを発生するハイパフォーマンスバージョンの乗り心地とは。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ(4WD/6MT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 「20年ぶりのトヨタの4WDスポーツ」をうたう「GRヤリス」が、間もなくベールを脱ごうとしている。エンジンパワーやボディーサイズなどのスペックが伏せられた中で乗ったプロトタイプモデルから感じたのは、“トヨタの本気”だった。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
ホームへ戻る