クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ダッジ 試乗記・新型情報

ダッジ 試乗記 ダッジ ニュース ダッジ 画像・写真
車種で絞り込む
  • 2021.8.17 エッセイ

    第11回:堅実だけど見直しは必至!? “大家族”ステランティスの電動化戦略(後編)

    マーケットの現状を見据えた堅実な目標と、グループ全体を包括した統一感のある電動化戦略を打ち出したステランティス。よく練られたものに見える彼らの計画だが、よくよく観察するといくつかの疑問が浮かんできた。新たに誕生した巨大自動車グループの悩みとは?

  • 2021.8.10 エッセイ

    第10回:堅実だけど見直しは必至!? “大家族”ステランティスの電動化戦略(前編)

    世紀の大合併によって誕生した世界第4位の巨大自動車グループ、ステランティス。自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている今、傘下に14ものブランドと部門を抱える彼らは、どのような戦略をもって未来に臨もうとしているのか?

  • 2021.7.9 自動車ニュース

    投資額は3.9兆円以上 ステランティスがグローバルな電動化戦略を発表

    ステランティスが電動化戦略に関するオンライン説明会を開催。2025年までにパワートレインの電動化やソフトウエア開発に300億ユーロ(約3兆9000億円)以上を投資し、14あるブランドのすべてに、電気自動車(EV)をはじめとした低公害車を導入すると発表した。

  • 2021.4.13 エッセイ

    第39回:タイヤ交換と今後の施工計画

    怪力の「ダッジ・バイパー」はタイヤが減るのも超高速。数少ない選択肢の中から、金欠オーナーが選んだ“次なる一品”とは? タイヤ交換と同時に依頼した定期点検では、どのような問題が検出されるのか? 久々のメンテナンス回、いざ開幕。

  • 2021.3.18 エッセイ

    第38回:カーライフのお供に感謝

    アメリカのマッチョなスポーツカー「ダッジ・バイパー」がわが家に来て満5年。方々直して健康になったクルマとは裏腹に、あれやこれやの備品・消耗品が、このほど賞味期限を迎えた。今までカーライフを支えてくれたそれらに感謝し、品評を開陳する。

  • 2020.11.25 エッセイ

    第37回:志賀高原にて思う(後編)

    “アメリカンの極み”みたいなマッスルカー「ダッジ・バイパー」とともに、志賀高原&万座&軽井沢を満喫。webCG編集部員が行った2泊3日の志賀高原行の顛末(てんまつ)を、かの地で思った、時事に関する益体もない思索とともにお届けする。

  • 2020.11.24 エッセイ

    第36回:志賀高原にて思う(前編)

    コロナ禍による鬱屈(うっくつ)した日々に耐えかねて、逃げ出した先は風光明媚(めいび)な志賀高原。webCG編集部員が、排気量8リッターのマッスルカー「ダッジ・バイパー」とともに日本アルプスを爆走。爆音&生ガスとともに、観光名所を駆け回る。

  • 2020.7.24 エッセイ

    番外編:KeePerでバイパーはホントにキレイになるか?

    KeePer技研から「新しいコーティングを試してみませんか?」とのお誘いが。青空駐車の「ダッジ・バイパー」は本当にキレイになるのか? そもそも、こんなヤレヤレのクルマでも施工は受けられるものなのか? webCG編集部員が、最新のカーコーティングをリポートする。

  • 2020.5.23 エッセイ

    第35回:ほった家のお家騒動

    webCGほったの実家で、マイカーの買い替え騒動がぼっ発! 大食漢の「ダッジ・バイパー」以上に記者を振り回す父の言動。今日の常識をくつがえすような自動車への要望……。小市民のクルマ探しにみる悲喜こもごもを、赤裸々につづる。

  • 2020.1.25 エッセイ

    第34回:古都が呼んでいる(後編)

    ガソリン大好きなアメリカンマッスルカー「ダッジ・バイパー」で目指すは京都! 片道450kmの旅の果てに記者が見たものとは? そして東京・武蔵野には無事に帰れたのか? 8リッターV10 OHVで行く、東京-京都無給油チャレンジの顛末(てんまつ)をリポートする。

  • 2020.1.24 エッセイ

    第33回:古都が呼んでいる(前編)

    ニッポンが誇る1000年の都・京都へと、このうえなくアメリカンな「ダッジ・バイパー」でドライブを敢行。走らせれば何かが起きるポンコツマッスルカーは、片道450kmの道のりを無事走破できるのか? webCG編集部員がささやかな冒険に挑む。

  • 2019.10.12 エッセイ

    第32回:出費は続くよ どこまでも

    webCG編集部員ほったの日常に、過剰な刺激と余計な彩りを与えてくれる排気量8リッターの怪獣「ダッジ・バイパー」。タイヤ交換を間近に控えたこの問題児に、またしてもトラブル発生! ぺーぺー編集部員の懐を、大量出費の危機が襲う。

  • 2019.8.18 エッセイ

    第31回:タイヤ探し地獄篇

    オーナーの無謀な行為で、哀れ「ダッジ・バイパー」のリアタイヤはツルツルに! 仕方なしに新しいタイヤを探し始めたwebCGほっただが、そこではかつて彼を苦しめた「(サイズが)無い」「(お値段が)高い」の二重苦が、舌なめずりして待ち受けていたのだった。

  • 2019.7.15 デイリーコラム

    カーガイの魂よ永遠なれ
    アメリカの巨星 アイアコッカの偉業を振り返る

    2019年7月2日、アメリカ自動車界を代表する偉人、リー・アイアコッカ氏がこの世を去った。名車「フォード・マスタング」の生みの親であり、フォードとクライスラーを隆盛に導いた生粋のカーガイ。その生涯と、アメリカの自動車産業に残した功績を振り返る。

  • 2018.12.28 エッセイ

    第29回:敏腕カーライフアドバイザーの日々

    “この連載”を読んで「ダッジ・バイパー」を買ったという御仁が出現!? 友人のマイカー選びにも気さくに協力する“敏腕カーライフアドバイザー”(自称)ことwebCGほったが、ここ2年分のバイパーの維持費とともに、近況を振り返る。

  • 2018.10.13 エッセイ

    第28回:しらふで語る昔話ほど痛々しいものはない

    ネタに困ったら“自分語り”で乗り切るに限る! もろもろのトラブルを乗り越え、ついに平穏な日々(?)を勝ち取ったwebCGほったと「バイパー」だが、おかげで連載のネタが枯渇。この急場をしのぐべく、バイパー購入に至るわが半生(黒歴史)を振り返る。

  • 2018.8.22 エッセイ

    第27回:真夏の夜の災難と新しい教訓

    レスキュー隊がジャンプスタートでさじを投げる! 友人が引き起こしたバッテリーあがり事件をきっかけに、「ダッジ・バイパー」を襲った災難の連鎖と、コトのてんまつを通して記者が得た、“ちょっとヘンなクルマ”を持つ上での教訓を語る。

  • 2018.7.20 エッセイ

    第26回:深遠なるアライメントの闇

    何があったか知らないが、突然真っすぐ走らなくなってしまった編集部ほったの「ダッジ・バイパー」。問題はアライメントの調整でアッサリ解決したものの、そこには気にすれば気にするほど深みにはまる、深遠なるナゾが潜んでいた……。

  • 2018.6.9 エッセイ

    第25回:そんな気分の日もあるさ

    マイカーとの日々がいつもシアワセとは限らない。「ダッジ・バイパー」の不具合もおおむねおさまり、安息の日々を送っていたはずのwebCGほったに冷や水をぶっかけた出来事とは? 「もう何度目だよ!」というトラブルに、貧乏オーナーが本音を漏らす。

  • 2018.5.9 エッセイ

    第24回:教えて! ヤマダ先生

    すべては「どうせならバイパーで行かない?」のヒトコトで始まった……。『webCG』でもおなじみのモータージャーナリスト・山田弘樹氏が、編集部員ほったの「ダッジ・バイパー」で激走! ぽんこつリポーターでは気付けなかった、このクルマの魅力(?)を語る。

関連サービス(価格.com)
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。