最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸

2006.10.03 自動車ニュース

最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸

2006年のジュネーブショーで発表された「フェラーリ599」(呼称についてはこちらの記事を参照)が、ようやく日本に上陸する。
2006年10月3日、日本の総代理店となるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドのショールームにおいて、ニューカーがお披露目された。

■575Mマラネロを凌ぐV12ベルリネッタ

「フェラーリ599」は、「575Mマラネロ」の後継となるFRのV型12気筒モデルだ。

サウンドにもこだわったという「エンツォ」由来の6リッターV12エンジンは、最高出力620hp、最大トルク62.0kgmを発生。575Mマラネロの5.75リッターを一気に105psも上回った強心臓である。
0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は330km/h以上にもなるという。

ディメンションは、全長×全幅×全高=4665×1962×1336mm、ホイールベース=2750mmで、575Mマラネロ(4550×1935×1277mm)よりふたまわりほど大きい。総アルミ製となるスペースフレームボディに、ピニンファリーナの手になる衣を被せた。車両重量は1690kg、Cd値は0.336という良好な数字を見せる。

トランスミッションはセミATの「F1スーパーファーストギアボックス」を搭載。従来の「F1」を発展させたもので、ギアシフトは0.1秒で完了するという。
なお、後日MTモデルもラインナップに追加される予定だ。

足まわりには電子制御により磁気で粘度を変化させるダンパーが組み込まれた「SCMサスペンション」を採用。進化したトラクションコントロールの「F1トラック」も組み込まれ、「さらにスムーズなドライビングが可能」と謳われる。

これらエンジン出力や電制ダンパー、トラクションコントロールなどは、車両統合制御をする「マネッティーノ」により管理される。「F430」同様、このマネッティーノにより、ステアリングホイール上に備えられるスイッチで5つのモードを選択することができる。

日本での「F1スーパーファーストギアボックス」販売価格は、3045.0万円と発表された。

(webCG 本諏訪)

【carscope】「フェラーリ599」の写真はこちら
【Movie】「フェラーリ599」発表会、V12の咆哮にジャン・トッドもご満悦

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:
http://www.cornesmotor.com/

 
最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸の画像


 
最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸の画像


 
最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸の画像


 
最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸の画像


 
最高速330km/h超、フェラーリの新型12気筒モデル「599」日本上陸の画像

関連キーワード:
599, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 599 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
ホームへ戻る