40周年の「トヨタ・カローラ」特別仕様車

2005.12.28 自動車ニュース

40周年の「トヨタ・カローラ」特別仕様車

トヨタ自動車は、ベーシックカーでありベストセラーである「カローラ」の誕生40周年を記念した特別仕様車を、カローラとそのワゴン「カローラフィールダー」に設定、2005年12月27日に発売した。

「カローラX」グレードに、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付き)、オートエアコン&プッシュ式デジタルヒーターコントロールパネルを付与。車内にはスエード調トリコットのシート&ドアトリム表皮、専用木目調パネルを配し上級感を出した。
価格は、147.0万円から176.4万円まで。

いっぽうワゴン版は、「カローラフィールダーS」をベースに、アニバーサリーリアエンブレム、カラードフロントスポイラー&カラードサイドマッドガード、アルミホイールを標準装備しスポーティ感を煽った仕様とした。
151.2万円から180.6万円まで。

(webCG 有吉)


トヨタ自動車「カローラ」:
http://toyota.jp/corollasedan/
同「カローラフィールダー」:
http://toyota.jp/corollafielder/

40周年の「トヨタ・カローラ」特別仕様車の画像

関連キーワード:
カローラ アクシオ, カローラ フィールダー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ アクシオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
ホームへ戻る