「アコード」「アコードワゴン」がマイナーチェンジ、スポーティな新顔登場

2005.11.25 自動車ニュース

「アコード」「アコードワゴン」がマイナーチェンジ、スポーティな新顔登場

本田技研工業は、「アコード」「アコードワゴン」にスポーティグレード「タイプS」を追加設定。既存車の内外装を変更するなどし、2005年11月24日に発売した。

アコードとそのワゴンの新顔「タイプS」は、2.4リッター+5段AT仕様のスポーティモデル。サスペンションはスプリング、スタビライザー、ブッシュ類を強化、ダンパーの減衰力特性を最適化した欧州仕様のもので、新アルミホイールに装着されるタイヤサイズは225/45R17だ。
さらに、スポーツタイプのフォグランプ、スポーツグリル、エアロパーツで外観をお化粧。四輪のブレーキを制御する「VSA」(車両挙動安定化制御システム)を標準装備するなどした。
価格は、セダンが249万9000円、ワゴンは265万6500円となる。

既存モデルへの変更は、新デザインのフロントグリル、フロントバンパー、リアバンパーの採用や、スポーティなシフトチェンジを演出する、と謳われるガングリップタイプのATシフトノブ、「Honda HDDインターナビシステム」のオプション新設定など。グレードも見直され、アコードは5車種、アコードワゴンは3車種構成とした。
セダンが203万7000円から265万6500円、ワゴンは214万2000円から265万6500円まで。福祉車両として「助手席回転シート車」もそれぞれに用意される。

(webCG 田中)


本田技研工業「アコード」:
http://www.honda.co.jp/ACCORD/

 
「アコード」「アコードワゴン」がマイナーチェンジ、スポーティな新顔登場の画像

【写真上】「アコード・タイプS」
【写真下】「アコードワゴン・タイプS」
 

	【写真上】「アコード・タイプS」
	【写真下】「アコードワゴン・タイプS」
	 

関連キーワード:
アコード, アコードワゴン, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ アコード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダが新型「アコード」の情報をホームページで先行公開 2020年初めに国内導入を予定 2019.8.2 自動車ニュース 新型は、ロー&ワイドで流麗なエクステリアデザインと、ゆとりある室内空間がセリングポイント。リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているという。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
ホームへ戻る