【東京モーターショー2005プレビュー】4シータークーペカブリオ「オペル・アストラ・ツイントップ」

2005.10.18 自動車ニュース

【東京モーターショー2005プレビュー】4シータークーペカブリオ「オペル・アストラ・ツイントップ」

オペルブースには、アストラのニューモデル「アストラ・ツイントップ」を出展。欧州で2007年春に発売される予定のモデルだ。

リトラクタブル・ハードトップを採用した4シータークーペカブリオである。最新式の3分割折りたたみ式ハードトップを備え、ボタンを押せば30秒でクーペからカブリオレに変身する。

「ザフィーラ」の2006年モデルにも注目。2005年後半に日本に導入される予定の、3列7人乗りコンパクトミニバンである。
新型は、ダイナミックなデザインやドライビング性能に加え、「フレックス7」というシートアレンジを備えたインテリアがウリ。シートを取り外したり、面倒な格納をせずとも、7人乗りワゴンから1820リッターの荷室容量をもつ二人乗りバンに変化させることができる。

(webCGオオサワ)

 
【東京モーターショー2005プレビュー】4シータークーペカブリオ「オペル・アストラ・ツイントップ」の画像


 
【東京モーターショー2005プレビュー】4シータークーペカブリオ「オペル・アストラ・ツイントップ」の画像

関連キーワード:
アストラハッチバック, オペル, 東京モーターショー2005, イベント, 自動車ニュース

オペル アストラハッチバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


ホームへ戻る