フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」【フランクフルトショー05】

2005.09.14 自動車ニュース

【フランクフルトショー05】フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」

2005年9月12日のプレスデイから開幕した「第61回フランクフルトモーターショー」(一般開催日9月15〜25日)。地元のフォルクスワーゲンは、目玉モデルの「EOS」や「ゴルフR32」などを出展した。

■クーペカブリオ「EOS」

VWの目玉は「EOS」だ。新型パサートのプラットフォームに5分割式のハードトップボディを与えたVW初のクーペカブリオである。2台並んだEOSのまわりはジャーナリストでいっぱい。12日のプレスコンファレンスには1000人以上の観衆が集まったとか。

最近、この手のクーペカブリオレは珍しくないが、EOSの場合、ハードトップを操作することで、クーペ、フルオープンを楽しめるほか、スライディングルーフのようにルーフの一部だけを開けることも可能だ。クローズからオープンへの変身は約25秒。

デザインは、VW内で急激に増殖している「ワッペングリル」を備えたフロントマスクが特徴。一方、ダッシュボードのデザインは専用となるが、パサートというよりゴルフに似た形状である。

VWブースではEOSの他に、ゴルフR32やゴルフGT、フェイスリフトしたニュービートルなどが見どころだ。

(文と写真=生方聡)

フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」【フランクフルトショー05】の画像



フォルクスワーゲンのクーペカブリオ「EOS」【フランクフルトショー05】の画像

関連キーワード:
ゴルフ, イオス, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
ホームへ戻る