「オペル・ベクトラ」GTSとワゴンに「IDSプラス」搭載

2005.02.24 自動車ニュース

「オペル・ベクトラ」GTSとワゴンに「IDSプラス」搭載

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、2005年モデルの「オペル・ベクトラGTS」と、同「ワゴン」の価格を、2005年2月23日に発表した。いずれにも、新型「アストラ」に採用されたアクティブダンパー「CDC」を備える「IDSプラス」シャシーが搭載された。

■アクティブダンパー「CDC」採用

「ベクトラGTS」「ベクトラワゴン」2005年モデルのトピックは、新型「アストラ」が採用した、アクティブダンパー「CDC」(コンティニュアス・ダンピング・コントロール)を備える「IDSプラス」シャシーを、3.2リッターV6モデルに採用したこと。走行状況に応じてダンパーセッティングが最適化されるほか、スイッチ操作でサスペンションやパワーステアリングマッピング、AT変速ポイントのセッティングをスポーティに変更できる。

車種別の変更点は、GTS 3.2のアルミホイールを、17インチから18インチに変更して、スポーティイメージを演出。GTS 2.2は、ヘッドライトをウォッシャー付きのキセノンタイプに改めた。全グレードに、オートライトやハイレベルオーディオを標準搭載するなど、装備のグレードアップが図られた。
ベクトラワゴンは、全グレードの助手席を可倒式とし、最長2.9mの長尺物が積めるようになったほか、カーゴルームにセーフティネットを標準装備し、使い勝手を高めた。ほかに、ワゴン3.2のヘッドライトをウォッシャー付きキセノンに、上級「3.2プレミアム」は、前席がパワーシートとなった。

価格は若干アップ。「GTS 2.2」が365.0万円、「GTS 3.2」は440.0万円。「ワゴン3.2」が415.0万円、「ワゴン3.2 プレミアム」は445.0万円となる。

(webCGオオサワ)

オペル:
http://www.opel.co.jp/

「オペル・ベクトラ」GTSとワゴンに「IDSプラス」搭載の画像

【写真上】ベクトラGTS
【写真下】ベクトラワゴン(いずれも海外仕様)

【写真上】ベクトラGTS【写真下】ベクトラワゴン(いずれも海外仕様)

関連キーワード:
ベクトラワゴン, ベクトラGTS, オペル, 自動車ニュース

オペル ベクトラワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗会(前編)】 2004.4.28 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    2003年のフランクフルトショーで登場、新たなイメージをアピールしたオペルのニュー「アストラ」。競争激甚なファミリーカー市場に挑戦するニューカマーの武器は何なのか? 『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • オペル・ベクトラワゴンCD(4AT)【試乗記】 2001.8.9 試乗記 オペル・ベクトラワゴンCD(4AT)
    ……314.0万円

    2001年3月8日から販売が開始された、オペルのいわゆる2001年モデル。中堅車種ベクトラの目玉は、排気量が拡大されたエンジン。2リッター直4は2.2リッターに、2.5リッターV6は2.6リッターに、それぞれ大きくなった。2.2リッターのベクトラワゴンに、自動車ジャーナリスト、河村康彦が乗った。


  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー(FR/6MT)【試乗記】 2020.7.28 試乗記 「アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー」は絵に描いたようなクラシックカーだが、実は2020年現在でも1937年式として新車注文が可能な英国車だ。そのカラクリを解き明かすとともに、戦前のスーパーカーの走りを味わってみた。
  • シトロエンの未来を占うニューモデル 新型「C4」のデザインを読み解く 2020.7.22 デイリーコラム 2020年6月末に発表された新型「シトロエンC4」は「シトロエンの2度目の誕生」という言葉で形容されるように、ブランドの将来を占う一台だ。C4はどう変わったのかを知るとともに、なぜ変わらなければならなかったのかを考察する。
ホームへ戻る