トヨタ「クラウンセダン」にハイブリッド車

2002.10.08 自動車ニュース

トヨタ「クラウンセダン」にハイブリッド車

トヨタ自動車は、法人向け4ドアセダン「クラウンセダン」にハイブリッドシステム搭載の「スーパーデラックス・マイルドハイブリッド」を新設定した。同時に、クラウンセダンの一部グレード、「クラウンコンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」に一部改良を施し、2002年10月4日に販売を開始した。

クラウンセダンに新採用された「トヨタ・マイルドハイブリッドシステム」(THS-M)は、よりシンプルな機構にすることで汎用性を向上させ、様々なタイプの車種、エンジンと組み合わせられるようにした、いわば簡易型ハイブリッドシステム。「クラウンロイヤルシリーズ」(3リッター直噴エンジンとの組み合わせ)に次ぐ2車種目の採用となる。これにより、トヨタは「プリウス」「エスティマハイブリッド」を含む、4車種のハイブリッドモデルをラインナップするに至った。

今回は、2リッター直6「1G-FE」エンジンと交流同期電動モーターとの組み合わせ。車両が停止すると、エンジンが自動的にアイドルストップ。エンジン効率が悪い発進時には、まずモーターから動力を得て、次にエンジンを始動させる。減速、制動時には、回生ブレーキによりモーターが発電を行い、運動エネルギーを電気エネルギーに替えバッテリーに蓄電する、といった仕組みだ。
最高出力は、ノーマルの2リッター直6比で17psダウンの143ps/5500rpm、最大トルクは同0.4kgm細くなり20.0kgm/4400rpm。ジマンの燃費は、リッターあたり1.6km向上し、13.0km(10・15モード)となった。これにより、「平成12年基準排出ガス75%低減レベル」と、平成22年燃費基準をクリアし、グリーン税制の優遇措置を受けることができるようになった。

価格は293.5万円。ベースたる「スーパーデラックス」の49.5万円高。

その他の改良点は、2リッターLPGエンジン「3Y-PE」搭載車に、大型フロント&リアバンパー、大型サイドプロテクションモールを採用、アルミホイールを標準装備した。また、「クラウンコンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」では、同様の変更に加え、安全性能を強化。ABS、運転席SRSエアバッグ、助手席SRSエアバッグ(コンフォート教習車のみ)が標準装備となった。なお、クラウンコンフォート、コンフォートの福祉車両「ウェルキャブ」にも、ベース車と同様の変更が施された。

クラウンセダンが224.0万円から293.5万円まで、クラウンコンフォートは162.0万円から184.0万円、コンフォートは146.0万円から186.0万円、コンフォート教習車は152.3万円と158.3万円。

(webCG 永瀧)

トヨタ自動車「クラウンセダン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CrownSedan/index.html

 
トヨタ「クラウンセダン」にハイブリッド車の画像

関連キーワード:
クラウン セダン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • 第178回:涙が出るぜ! 不幸のポルシェ 2020.6.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第178回は「涙が出るぜ! 不幸のポルシェ」。なぜか愛車が壊れまくってしまう、不運な軍事マニアの実話。動かなくなったポルシェを大事に持っているのはなぜ? 男として、クルマ好きとして譲れない事情とは?
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る