リファインされた「アウディR8」、日本上陸

2013.03.20 自動車ニュース

リファインされた「アウディR8」、日本上陸

2013年3月19日、アウディジャパンはマイナーチェンジが施された最新型の「R8」を発表した。

仕様が変更された、アウディのスーパースポーツモデル「R8」。その予約受付が1月18日に始まったことは既報のとおりだが、アウディジャパンは今回、モータースポーツ活動の発表にあわせ、実車を報道陣に公開した。

ステージに立った同社の大喜多寛社長は、「新型でお伝えしたいことは3つあります。1つは0-100km/h加速が3.6秒となったこと。2つ目はLEDヘッドランプが採用されたこと。3つ目は7段Sトロニックを採用したことです」と語り、新型の改良点を強調した。
このうち加速性能の向上は「クーペ5.2FSIクワトロ」に関するもの。主に、従来の6段Rトロニックを7段Sトロニックに置き換えた成果だろう(従来は3.9秒)。

大喜多社長が挙げた点以外にも、例えばエクステリアではシングルフレームグリルの形状がやや丸みを帯びた形に改められたほか、フロントバンパー内のエアインテーク形状も見直されるなどして、全体的に柔らかなイメージになった。
インテリアではハイグロスブラックのパーツやアルミパーツを採用して質感の向上に努めたという。

「クーペ5.2FSIクワトロ」に6段MT車が追加された点も、新しい。
なお、価格は予約受付時よりも20万円ずつ下がり、下記のとおりとなった。
アウディジャパンではR8を取り扱うディーラーを当初の8店舗から20店舗へと拡充し、目標とする年間100台の販売を達成する考えだという。

・クーペ4.2FSIクワトロ:1729万円(6MT)/1799万円(7AT)
・クーペ5.2FSIクワトロ:2049万円(6MT)/2119万円(7AT)
・スパイダー5.2FSIクワトロ:2339万円(7AT)

(文と写真=大谷達也/Little Wing)


リファインされた「アウディR8」、日本上陸の画像 拡大
最新型の「アウディR8」(写真はオープンモデルの「スパイダー」)と、アウディジャパン社長の大喜多寛氏。
最新型の「アウディR8」(写真はオープンモデルの「スパイダー」)と、アウディジャパン社長の大喜多寛氏。 拡大

リファインされた「アウディR8」、日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
R8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ R8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
ホームへ戻る