リファインされた「アウディR8」、日本上陸

2013.03.20 自動車ニュース

リファインされた「アウディR8」、日本上陸

2013年3月19日、アウディジャパンはマイナーチェンジが施された最新型の「R8」を発表した。

仕様が変更された、アウディのスーパースポーツモデル「R8」。その予約受付が1月18日に始まったことは既報のとおりだが、アウディジャパンは今回、モータースポーツ活動の発表にあわせ、実車を報道陣に公開した。

ステージに立った同社の大喜多寛社長は、「新型でお伝えしたいことは3つあります。1つは0-100km/h加速が3.6秒となったこと。2つ目はLEDヘッドランプが採用されたこと。3つ目は7段Sトロニックを採用したことです」と語り、新型の改良点を強調した。
このうち加速性能の向上は「クーペ5.2FSIクワトロ」に関するもの。主に、従来の6段Rトロニックを7段Sトロニックに置き換えた成果だろう(従来は3.9秒)。

大喜多社長が挙げた点以外にも、例えばエクステリアではシングルフレームグリルの形状がやや丸みを帯びた形に改められたほか、フロントバンパー内のエアインテーク形状も見直されるなどして、全体的に柔らかなイメージになった。
インテリアではハイグロスブラックのパーツやアルミパーツを採用して質感の向上に努めたという。

「クーペ5.2FSIクワトロ」に6段MT車が追加された点も、新しい。
なお、価格は予約受付時よりも20万円ずつ下がり、下記のとおりとなった。
アウディジャパンではR8を取り扱うディーラーを当初の8店舗から20店舗へと拡充し、目標とする年間100台の販売を達成する考えだという。

・クーペ4.2FSIクワトロ:1729万円(6MT)/1799万円(7AT)
・クーペ5.2FSIクワトロ:2049万円(6MT)/2119万円(7AT)
・スパイダー5.2FSIクワトロ:2339万円(7AT)

(文と写真=大谷達也/Little Wing)


リファインされた「アウディR8」、日本上陸の画像 拡大
最新型の「アウディR8」(写真はオープンモデルの「スパイダー」)と、アウディジャパン社長の大喜多寛氏。
最新型の「アウディR8」(写真はオープンモデルの「スパイダー」)と、アウディジャパン社長の大喜多寛氏。 拡大

リファインされた「アウディR8」、日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
R8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ R8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • ルノーが新型「カングー」「カングー バン」を発表 フロントマスクを一新 2020.11.16 自動車ニュース 仏ルノーは2020年11月12日(現地時間)、新型「カングー」および「カングー バン」を世界初公開した。フロントマスクが一新されており、力強い形状のヘッドランプとグリル、バンパーによって立体的で彫刻的なデザインになっている。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る