新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】

2013.03.08 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は最高出力230ps

日本では2013年中の発売が予定されている、第7世代の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。そのハイパフォーマンスバージョン「GTI」がジュネーブショーでデビューした。

新型「ゴルフGTI」のエクステリアは、「ハニーコーム(蜂の巣)」グリルなど“GTIの伝統”を守りつつ、フロントグリル下端の赤いストライプを左右のヘッドランプまで延長したり、フロントバンパーにカナード状のパーツを取り入れるなど、大胆な試みも見られる。お約束のタータンチェック柄シートは健在だ。

2リッター直4ターボエンジンは第6世代が積む「EA888」型のキャリーオーバー。第6世代と同一の燃費性能を維持しつつ、最高出力は220psと10psアップした。さらに、最高出力が10ps追加されて230psとなるほか、フロントアクスルに電子的デフロックの「VAQ」が装着される「パフォーマンスパック」というオプションが「GTI」史上初めて設定される。

このほかジュネーブショーの会場では、欧州市場で2013年8月に投入される新型「ゴルフヴァリアント」(ワゴン)もデビューした。

(文と写真=塩見 智)

「ゴルフGTI」
「ゴルフGTI」 拡大

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像 拡大

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像 拡大
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像 拡大
「ゴルフヴァリアント コンセプトRライン」
「ゴルフヴァリアント コンセプトRライン」 拡大

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像 拡大
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は230ps【ジュネーブショー2013】の画像 拡大

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, ジュネーブモーターショー2013, イベント, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る