新型「クラウン」、受注の約66%がハイブリッド

2013.01.31 自動車ニュース

新型「クラウン」、受注の約66%がハイブリッド

トヨタ自動車は2013年1月30日、新型「クラウン」の受注台数が発売からおよそ1カ月で約2万5000台に達したと発表した。

■王冠モチーフのフロントフェイスは好評

新型「クラウン」の発売は2012年12月25日。販売店の営業日ベースでおよそ1カ月後となる2013年1月29日時点で約2万5000台に達した。トヨタが掲げる月販目標台数は4000台。

受注の内訳を見ると、シリーズ別では「アスリート」が約1万4100台(全体の約56%)で「ロイヤル」が約1万900台、パワートレイン別ではハイブリッド車が約1万6500台(約66%)であるのに対してガソリン車が約8500台となっている。

トヨタによれば、好評な点として「一目で新型クラウンと分かる、王冠をモチーフとした迫力あるフロントフェイス」「V6 3リッター車に匹敵する動力性能と、JC08モード走行燃費23.2km/リッターといった優れた環境性能を両立する新開発FR専用ハイブリッドシステム」「プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー方式)やインテリジェントクリアランスソナーをはじめとする高い安全性能」といった声が上がっているという。

(webCG)

「トヨタ・クラウンハイブリッド アスリート」
「トヨタ・クラウンハイブリッド アスリート」 拡大

関連キーワード:
クラウン アスリート, クラウン ロイヤル, トヨタ, -->, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • Chapter 2 Product Overview 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 1955年の誕生以来、最高品質のセダンとして地位を築いてきた「トヨタ・クラウン」。15代目となる最新型には、どんな技術と工夫、そして装備が盛り込まれているのか? 発売間もない特別仕様車も合わせ、その見どころを紹介する。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • ベーシックグレードを基に装備を充実 「クラウン」の特別仕様車“エレガンススタイル”発売
    2019.7.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年7月8日、「クラウン」のベーシックグレードに上質な装備を追加した特別仕様車「S“Elegance Style”(エレガンススタイル)」を発表。全3モデルのラインナップで、同日、販売を開始した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る