「レクサスHS」も“スピンドルグリル顔”に

2013.01.24 自動車ニュース

「レクサスHS」がマイナーチェンジ、新たにスピンドルグリルを採用

トヨタ自動車は2013年1月24日、レクサスのハイブリッドセダン「HS250h」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良では、エクステリアデザインにレクサスのアイコンとされる「スピンドルグリル」を採用。L字型のLEDフォグランプとも合わせて、フロントマスクのイメージを一新した。また車高を10mm下げることで、低重心で踏ん張り感のあるスタイリングを実現したという。

一方インテリアでは、「バージョンL」「バージョンI」のインテリアカラーにエクリュ、ブラック&ガーネットなどの新色を、同じくオーナメントパネルに、天然素材のバンブー(竹)や縞杢(しまもく)を設定した。

装備も強化されており、全車のフロントドアに紫外線と赤外線を効率よく遮断するはっ水機能付きスーパーUV・IRカットガラスが標準装備されたほか、「バージョンL」「バージョンI」「バージョンC」の空調には、イオン発生数が従来型の約20倍という高濃度タイプのプラズマクラスターが採用された。

動力性能については、スポット溶接打点の追加によるボディー剛性の強化や、車体の前後にパフォーマンスダンパーを採用することで操縦性、走行安定性を改善。またドライブモードセレクトには、パワートレインに加えて電動パワーステアリングの特性も変化させる「SPORT MODE」が新設定された。このほかにも、静粛性を改善するために、吸・遮音材の追加や材質変更などを実施。ハイブリッドシステムの制御や充電効率の改良などにより、燃費性能も20.6km/リッター(JC08モード)に向上した。

グレード構成と価格は以下の通り。
・HS250h:410万円
・HS250h“バージョンC”:436万円
・HS250h“バージョンI”:470万円
・HS250h“バージョンL”:552万円

(webCG)

「レクサスHS250h“バージョンL”」
「レクサスHS250h“バージョンL”」 拡大
「HS250h」
「HS250h」 拡大
「HS250h“バージョンL”」のインテリア。内装色は新色のエクリュ。
「HS250h“バージョンL”」のインテリア。内装色は新色のエクリュ。 拡大
新色のブラック&ガーネットを用いた「HS250h“バージョンL”」のシート。
新色のブラック&ガーネットを用いた「HS250h“バージョンL”」のシート。 拡大

関連キーワード:
HS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス HS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • 「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載 2020.7.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年7月7日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。国内では2020年初冬の発売を予定している。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る