「レクサスHS」も“スピンドルグリル顔”に

2013.01.24 自動車ニュース

「レクサスHS」がマイナーチェンジ、新たにスピンドルグリルを採用

トヨタ自動車は2013年1月24日、レクサスのハイブリッドセダン「HS250h」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良では、エクステリアデザインにレクサスのアイコンとされる「スピンドルグリル」を採用。L字型のLEDフォグランプとも合わせて、フロントマスクのイメージを一新した。また車高を10mm下げることで、低重心で踏ん張り感のあるスタイリングを実現したという。

一方インテリアでは、「バージョンL」「バージョンI」のインテリアカラーにエクリュ、ブラック&ガーネットなどの新色を、同じくオーナメントパネルに、天然素材のバンブー(竹)や縞杢(しまもく)を設定した。

装備も強化されており、全車のフロントドアに紫外線と赤外線を効率よく遮断するはっ水機能付きスーパーUV・IRカットガラスが標準装備されたほか、「バージョンL」「バージョンI」「バージョンC」の空調には、イオン発生数が従来型の約20倍という高濃度タイプのプラズマクラスターが採用された。

動力性能については、スポット溶接打点の追加によるボディー剛性の強化や、車体の前後にパフォーマンスダンパーを採用することで操縦性、走行安定性を改善。またドライブモードセレクトには、パワートレインに加えて電動パワーステアリングの特性も変化させる「SPORT MODE」が新設定された。このほかにも、静粛性を改善するために、吸・遮音材の追加や材質変更などを実施。ハイブリッドシステムの制御や充電効率の改良などにより、燃費性能も20.6km/リッター(JC08モード)に向上した。

グレード構成と価格は以下の通り。
・HS250h:410万円
・HS250h“バージョンC”:436万円
・HS250h“バージョンI”:470万円
・HS250h“バージョンL”:552万円

(webCG)

「レクサスHS250h“バージョンL”」
「レクサスHS250h“バージョンL”」 拡大
「HS250h」
「HS250h」 拡大
「HS250h“バージョンL”」のインテリア。内装色は新色のエクリュ。
「HS250h“バージョンL”」のインテリア。内装色は新色のエクリュ。 拡大
新色のブラック&ガーネットを用いた「HS250h“バージョンL”」のシート。
新色のブラック&ガーネットを用いた「HS250h“バージョンL”」のシート。 拡大

関連キーワード:
HS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス HS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
ホームへ戻る